「うたわれるもの」20周年記念作品の新作ゲーム『モノクロームメビウス 刻ノ代贖』が2022年に発売!「偽りの仮面」、「二人の白皇」の過去の話に(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

アクアプラスは 2021年11月24日に配信した『先駆け御免!!うたわれるもの20周年特別生放送』の番組内で、「うたわれるもの」20周年記念作品『モノクロームメビウス 刻ノ代贖』を発表した。発売は2022年でジャンルやプラットフォームは未定。

「モノクロームメビウス 刻ノ代贖」画像・動画ギャラリー

制作スタッフは以下のとおり。

原案・脚本 菅宗光
キャラクターデザイン mi
オリジナルキャラクターデザイン 甘露樹/みつみ美里
音楽監督 下川直哉

番組で公開されたPVは、少女が仮面の男に守られながら逃げるシーンから始まった。のちに放送されたプレイ映像ではその少女を操作していたことから、少女が主人公になると思われる。少女は赤子の頃から殺されそうになる描写もあり、少女の出自が物語の鍵を握りそうだ。ちなみに少女を守る男の正体についてはすぐに判明するのだが、PVを見ていない方も多いと思うので、公開日のお楽しみにしてほしい。
また映像には若き日のオシュトル、ミカズチ、ムネチカに、ヤマトの帝(ミカド)の姿も映し出されていた。それは「偽りの仮面/二人の白皇」の過去の話になることを意味している。ゲームジャンルは何も分かっていないが、3Dフィールドを歩く様子からRPGや「斬」シリーズのような3Dアクションになるかもしれない。

うたわれるもの20周年特別生放送の映像は、後日アーカイブ化されるということなので、番組を見損ねた方は少しの間待っておこう。
また、アニメに関する情報も発表されている。2022年1月からTOKYO MXとBS11でTVアニメ『うたわれるもの 偽りの仮面』の再放送が決定。その続編でありシリーズ最終章『うわれるもの 二人の白皇』の放送時期も2022年7月になることが発表された。「モノクロームメビウス」も、この放送に合わせるのではないかと思われる。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。