「うらみちお兄さん」20年放送決定 長山延好監督とシリーズ構成の待田堂子のタッグ再び(映画.com)

出典元:2020年に放送

[映画.com ニュース] 久世岳氏の人気漫画を原作とする「うらみちお兄さん」が、2020年に放送されることがわかった。

 同作は、ウェブ漫画サイト「comic POOL」で連載中の漫画のテレビアニメ化。教育番組「ママンとトゥギャザー」に出演する、さわやかだけど情緒不安定な体操のお兄さん・表田裏道(おもた・うらみち/CV:神谷浩史)の日常と“大人の闇”を描くコメディ。このほか、コミックス1~4巻の発売記念PVから引き続き、兎原跳吉(うさはら・とびきち)役を杉田智和、熊谷みつ夫(くまたに・みつお)役を中村悠一、蛇賀池照(だが・いけてる)役を宮野真守、多田野詩乃(ただの・うたの)役を水樹奈々が演じる。

 メインスタッフも発表され、「ハッピーシュガーライフ」の長山延好監督のもと、「ソウナンですか?」などで監督とタッグを組んだ待田堂子がシリーズ構成を務める。さらに、「ナカノヒトゲノム【実況中】」の高橋瑞紀がキャラクターデザインを担当し、アニメーション制作はスタジオブランが行う。

 12月28~31日に東京ビッグサイトで開催の「コミックマーケット97」では、作中で活躍するウサオくんとクマオくんの着ぐるみが登場することも決まった。一迅社ブース前でポケットティッシュのサンプリングを行うほか、写真撮影もできる。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。