「ここまでになるとは…」500円の“吉野家”ガチャに本家も絶賛、「本物より高い」ミニチュアに込めたこだわり(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

1983年に発売された「キン肉マン消しゴム」、いわゆる「キン消し」の大ヒットから約40年。現在“第4次ブーム”に突入したと言われる「カプセルトイ」だが、最近発売された「吉野家」のカプセルトイが「本物よりも高い」と話題に。しかしその完成度に感嘆するファンの声も寄せられている。開発を行ったのは大人向けカプセルトイメーカーの「ケンエレファント」。「吉野家」以外にも「ゴールドジム」や「ビクター」の昭和家電などのカプセルトイを生み出している。他企業の商品をミニチュア化する際のこだわりや苦労、近年の大人のカプセルトイブームの背景についても聞いた。

【写真】「お肉の細かさに感動」ミニチュアになった牛丼に紅ショウガ、生卵…テイクアウト用まで再現

■“割りばし”までこだわり、吉野家も驚きのクオリティーに「ここまでになるとは思わなかった」

――貴社の吉野家のミニチュアガチャ商品が、SNSで大きな話題になりましたが、反響はいかがでしたか。

幅広い層の年代の方から、お褒めの言葉をたくさんいただいており、予想以上の反響に驚いています。吉野家さんのブランド力の強さをあらためて実感しました。購入してくださった方が、SNSに写真や「買ったよ~」というコメントをUPしてくださったりしていて嬉しいです。

――本商品はどのようなきっかけで生まれたものなのでしょうか。

弊社が発売しているミニチュアフィギュアをご覧になられた吉野家さんからお声かけいただき、企画が立ち上がりました。出来上がった商品を見て、吉野家さんが「ここまでになるとは思わなかった」と言ってくれたのは嬉しかったですね。

――「吉野家」のミニチュアを再現するにあたり、苦労した点・こだわった点を教えてください。

吉野家さんから丼(どんぶり)や、食品の色味についてご要望をいただきましたので、ご期待にお応えできるよう頑張りました。丼は平面にプリントするのではなく、曲面に多色のプリントするため、プリント用のデータの調整が難しかったです。3~4回ほどプリント用データの調整をするなど苦労がありましたが、きれいに出来上がったと思っています。

また、「テイクアウトセット」に付属するパーツの「生姜」「七味」「割りばし」は、いわゆるメインとなるものではないのですが、こういった細かいパーツも妥協したくなかったので、極限まで実物らしさがでるようこだわりました。特に「割りばし」がお気に入りですね。

【広告】

 

        美顔専門店のフェイシャルケア

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。