「やっとチームの一員になれた」和久津晶がチーム愛で手にした力 待望のMリーグ初トップ/麻雀・Mリーグ(AbemaTIMES)

出典元:和久津晶

点棒の受け渡しが終わる前に、思わず天を見上げた。大和証券Mリーグ2019・12月20日の第2試合で、セガサミーフェニックス・和久津晶(連盟)がリーグ初勝利を獲得した。

【映像】和久津晶が待望の初勝利(2回戦)

 この試合の対局者はKADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、和久津、EX風林火山・滝沢和典(連盟)の並びでスタート。

 試合は滝沢が先行、東4局には縦長の展開となり、和久津は大きく離された4着目。しかしこの局で和久津は8000点のツモアガリ。滝沢に親被りをさせた。そして南3局、迎えた親番で大爆発。リーチ・ツモ・平和・ドラ・裏ドラ2の1万8000点のアガリでトップに立ち、滝沢をかわしてトップに。オーラスはカン5索子待ちのタンヤオ・赤の2000点をテンパイ。その後は親の滝沢の現物待ちのカン3索に待ちを変え、これが石橋から出てゲーム終了。待望の初トップを獲得した。

 ここまでリーグ未勝利は和久津ただ一人。プロ歴は長く実績十分も、Mリーグ参戦後は8試合を戦い4着5回と、苦戦を強いられてきた。“超攻撃型アマゾネス”という異名から、「周りの人は、攻めるところをもっと見たいのかなと思って、気張りすぎてしまいました。そう思って、途中からは変えてみようとしたら、今度は守り過ぎてしまって」と攻守のバランスを崩し、悩んでいた日々を正直に口にした。

 事実、本来の和久津は「どんなに悪い配牌でも5巡目くらいまではまともに手組み、配牌オリはしない」と口にするほど、前向きな攻撃型ファイター。一発裏ドラがなく、手数が少なくなりがちな連盟のリーグ戦でも、強気な攻めでAリーグまで勝ち上がってきた。

 超一流プロが集結するMリーグでは、バランスを崩せば格好の餌食。和久津は自らを見失い、その中で大きなラスを引いてメンタル面でも落ち込んだ。そんな中で手にした今年最終戦でのトップ。それでも最後まで涙は見せず、ハキハキと受け答えをして、チームの決めポーズも自分からやってみせた。この姿には「俺が泣いてる」「和久津、来年も期待してるからな!」など多数の応援コメントが並んだ。

 今期リーグ参戦の29選手の中で、もっとも苦しんだ和久津が、喉から手が出るほど欲しかったトップを今年最終戦でつかみ取った。晴れやかな2020年を迎える和久津、ここからチーム浮上を懸けた大事なピースの一つとなる。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。