「イノシシなめてた」とネットで反響、パンク町田氏が選ぶ「鬼が島に連れて行きたい」動物の“マニアックすぎる”選抜理由(AbemaTIMES)

出典元:鋭い牙には要注意

多彩な経歴と動物に関する豊富な知識を持ち、動物番組に引っ張りだこのパンク町田氏が、「鬼が島に鬼退治に行くなら」という仮定のもとである動物を選抜。その選抜理由がネットで反響を呼んでいる。本家の鬼ヶ島では犬と猿とキジだが、これがパンク町田氏の場合は、3匹すべてがイノシシだという。果たして、その理由とは?

【映像】イノシシの恐ろしさ(38分頃)

「僕の指示に従い、チームプレーができるのなら」という条件はあるのですが……と切り出したパンク町田氏は「犬は皆さんが考えている以上に強い。ただし、鬼に噛みついている間に他の鬼に叩かれるかもしれないので不利になる。日本の動物だとクマも強いが、鬼と力勝負になれば分が悪い」と真面目に分析を開始した。

 では、イノシシが選ばれた理由は何か。パンク町田氏はさらに続ける。

「イノシシは『ヒット・アンド・アウェイ』ができる。当たって離れてを繰り返したら、さすがの鬼も転ぶだろう。また雌のイノシシでも人間の皮膚を噛みちぎるほどの力はあるが、私が連れて行きたいのは雄のイノシシ。雄のイノシシは下あごの犬歯で刺すように噛みつき、上あごの犬歯で挟むように噛み切る。人間でも猟犬でも、腹部に下あごの牙が刺さったら、腸がボロッと表に出てしまう」

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。