「オアシス」解散、兄との確執、失意からの完全復活…リアム・ギャラガーのドキュメンタリー予告編(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:「彼は、最後のロックンロール・スター。」

[映画.com ニュース] 伝説の英バンド「オアシス」の元メンバー、リアム・ギャラガーに迫るドキュメンタリー映画「リアム・ギャラガー アズ・イット・ワズ」が、7月3日に公開されることがわかった。あわせて、予告編とビジュアルもお披露目。映像では、リアムの成功と挫折、そして苦悩からの復活という軌跡が切り取られている。

【フォトギャラリー】リアム・ギャラガーの波乱に満ちた人生を追う

 1991年に結成され、英ロックバンドのトップを走り続けてきた「オアシス」。しかし、ボーカルのリアムと、バンドメンバーである兄ノエルの確執が表面化し、2009年に解散状態となる。リアムがフロントマンを務めたバンド「ビーディ・アイ」も軌道に乗らず解散。それから3年の時を経て、再起をかけてソロでの音楽活動をスタートさせる。そして、ファーストアルバム「As You Were アズ・ユー・ワー」は全英アルバムチャートで1位に輝き、30万枚以上の売上を記録。同アルバムはプラチナディスクとなり、全世界に“完全復活”を印象づけた。

 オアシスの成功、破天荒でスキャンダラスな行動へのメディアからのバッシング、兄との不仲とバンド解散、離婚訴訟、失意、そして復活--。ギャビン・フィッツジェラルドとチャーリー・ライトニングがメガホンをとる本作では、波乱に満ちたギャラガーの人生を克明に映し出す。

 予告編は「オアシス」が人々の熱狂に包まれる輝かしい光景でスタート。しかし、リアムが「兄弟で20年もやってきたのに、兄貴と大ゲンカして終わった」と経緯を語る通りバンドは解散し、「クソ、何すりゃいい?」「もう終わりだ! 俺は一体誰なんだ?」と動揺が伝わる当時の言葉も。そして、関係者たちの証言から、リアムのどん底の日々が明かされる。しかし、全てを失っても、音楽は手放せなかった――やがて音楽と向き合い、自身の居場所である「ステージのど真ん中」へと這い上がっていく、心震わせる復活劇がおさめられている。

 さらに、ネット上で話題となり再起のきっかけとなったバーでの弾き語り、マンチェスターテロのチャリティーコンサート「ワンラブマンチェスター」での「コールドプレイ」のクリス・マーティンとの共演、解散後も執拗にSNSで攻撃するノエルへ本当の気持ちが垣間見られるシーンなど、貴重な映像の数々も活写。最後は、リアムの「俺はロックンロール・シンガー、最高で最低なね。これが俺の生き様だ」という力強い言葉で締めくくられている。

 ビジュアルは、リアムの横顔に「彼は、最後のロックンロール・スター。」という言葉が添えられたクールな仕上がり。「リアム・ギャラガー アズ・イット・ワズ」は、7月3日から東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。