「スター・ウォーズ」新作は“物語世界を拡張” タイカ・ワイティティ監督が構想語る(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

映画版「スター・ウォーズ」の最新作でメガホンをとるタイカ・ワイティティ監督(「ジョジョ・ラビット」)が、これまでのストーリーやキャラクターにとらわれず、物語世界を拡張させると構想を明かした。

 「スター・ウォーズ」シリーズは、2019年の「スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督)で、スカイウォーカー家を描く「スカイウォーカー・サーガ」全9話が完結している。その後はワイティティ監督をはじめ、パティ・ジェンキンス監督(「ワンダーウーマン」)、ライアン・ジョンソン監督(「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」)、マーベル・スタジオのケビン・ファイギ社長らが個別に新「スター・ウォーズ」の企画開発を行っている。

 ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長はこのほど、次の「スター・ウォーズ」はワイティティ監督版になることを明かしている。そんななか、マーベル最新作「ソー ラブ・アンド・サンダー」の世界公開を控えるワイティティ監督が、英Total Filmsの独占取材で抱負を語った。

 まったく新しいキャラクターの物語を描くと明かすワイティティ監督は、「『スター・ウォーズ』世界において、みんなが『すごい! ミレニアム・ファルコンの設計図だ!』『チューバッカのおばあちゃんだ!』というような映画を作るようでは、私の存在価値がない」と、理由を説明。「新しい物語、新しいキャラクターを生み出して、物語世界を拡張したい。そうでなければ、ストーリー規模がとても小さくなってしまう」

 ワイティティ監督が手がける「スター・ウォーズ」の公開日は発表されていないが、ケネディ社長は2023年末を目指すとコメントしている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。