「ストーリーをすぐに相談できるのは強み」夫婦で描く『ギャルと恐竜』制作裏話 原作・森もり子&作画・トミムラコタインタビュー(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:(C)森もり子・トミムラコタ/講談社・キングレコード

ギャルの楓が、酔った勢いで恐竜を部屋に入れてしまったことから始まる不思議な同居生活…アニメ&実写版「ギャルと恐竜」が4月4日より好評放送中だ。

 原作であるヤングマガジンで連載中の漫画「ギャルと恐竜」は、夫で原作担当の森もり子氏、妻で作画を担当するトミムラコタ氏が夫婦で手掛けている人気作品。

 「恐竜×ギャル」という時代を超えたコンビと、2人を受け入れる周りの人々とのほのぼのとした日常に、Twitterでは「優しい世界」「登場人物みんな好き」と癒される人が続出しているようだ。今回ABEMA TIMESでは、森氏とトミムラ氏にインタビューを実施。本作にかける思いや、制作の裏側を聞いた。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。