「タスクフォース」は半沢直樹だけじゃない! リアル文科省のチームが掲げる「次世代教育」の本気度とは(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

今期話題沸騰のドラマといえば、もちろんTBSテレビ系の『半沢直樹』。ご覧になっている人も多いことでしょう。

【教育タスクフォース】課題のひとつ「プログラミング」、家庭での実践はまだ少数

 劇中、東京中央銀行に勤める主人公の半沢が対峙しているのは、国交大臣率いる「タスクフォース」チームです(ほか、大物政治家など)。

 タスクフォースとは、特定の課題に取り組むために設置される特別組織のこと。ドラマを通してその名称を知った、という視聴者もいるかもしれません。

 さて、千代田区永田町・霞が関にあるリアルな日本政府には、どのようなタスクフォースがあるのでしょうか。教育ジャーナリストである筆者は今回、文部科学省の例を紹介したいと思います。

 ドラマをきっかけに、国の政策に目を向ける機会としていただけたら幸いです。

※ ※ ※

 2020年、新型コロナウイルスという予想もしなかった出来事が起きましたが、教育の世界も一気に変革の時代に突入しました。

 もともと2020年度は新しい学習指導要領がスタートするなど、大きな転換期の年度として注目を集めていました。

 そこに新型コロナウイルスの感染拡大も重なり、緊急時にも学習を継続させるオンライン学習を始めとした「教育でのIT活用」を求める声が大きくなったのは記憶に新しいところでしょう。

 特に公立学校では旧態依然の学校教育システムの限界が露呈し、根本的に見直す機会にもなりました。

 しかし、すでに2016年1月22日に閣議決定された「科学技術基本計画」で、教育環境をICT機器を取り入れ時代に合った整備を推進し、将来に渡って役に立つ生徒児童の総合力を伸ばしていくことが提言されているのです。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。