「ドクター・ストレンジ」続編における監督の交代劇についてベネディクト・カンバーバッチが言及(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『ドクター・ストレンジ』の続編『Doctor Strange in the Multiverse of Madness(原題)』で再びベネディクト・カンバーバッチがマントを身にまとうが、オリジナル映画に関わった人物――つまりスコット・デリクソン監督は続編には戻ってこない。 2020年1月に監督は“創作上の意見の相違”を理由に、マーベル映画の続編から降板すると発表した。
そして今、The Hollywood Reporterのインタビューでカンバーバッチが、デリクソンなしで前進することについて自身の考えを明かし、また、マーベルの続編で監督を引き継いだサム・ライミとコラボレーションした体験も語っている。
カンバーバッチは、「監督の降板を知って悲しかったが、それは私の決断ではないからね。私はスタジオの決定を完全に尊重したし、監督の交代は非常に友好的に行われた。 彼らが僕に電話をして事情を説明してくれて、そういうことだよ」と述べていた。

「Marvel's Doctor Strange in the Multiverse of Madness(原題)」画像・動画ギャラリー

カンバーバッチは、「スパイダーマン」映画トリロジーの監督が撮影中に即興で演じるよう彼を促したと言い、プロジェクトに対するライミのアプローチを説明した。最初、その自由に腰が引けたというカンバーバッチが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でロバート・ダウニー・Jrとトム・ホランドとの撮影中に、即興でからかい合う経験を積んだと明かしている。
「『インフィニティ・ウォー』の撮影セットで、ロバートを“クソ野郎”と呼んだときに、即興の波及効果があったことを覚えている」
「その即興はカットされなかったから、良しとされたのだろう。それに映画館でも同じような反応があったよ」
「私はリベラーチェ(常にマントを身に着けていた作曲家)と比較されたり、同じように大袈裟なヤギ髭を持つ男が私を批判することにウンザリしていたから、(イメージを変えるために)アイアンマンをけなそうとしたんだ。そういった即興を演じるのは楽しい。自信がついて、即興をする回数が多くなれば次第に慣れてくるんだ」
またカンバーバッチは、『ドクター・ストレンジ』の続編ではキャラクターや世界観を確立する必要がそれほどなかったため、即興できる余地が多かったとも説明している。
「最初の映画はオリジンの物語だから、常に脚本に縛られてしまう。だが今回は、もっと自由があった。マーベルは制作に突き進む素晴らしい能力がある。“今、撮影を開始しなくちゃいけない。第3幕が自分が望み通りじゃなくても問題ない”ってね。時には運にすがってやることもあるんだ」

マーベルが、『ドクター・ストレンジ』の続編をサム・ライミが引き継ぐと発表したとき、デリクソンはライミを称賛して“真の生きたレジェンド”と称していた。
『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』は2022年3月24日に全米公開の予定だが、マーベルのファンは、もう少し早くカンバーバッチ演じる最強の魔術師を目にできるだろう。ドクター・ストレンジは、今年の12月に全米公開される『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に登場することがわかっている。もっと『ドクター・ストレンジ』の続編について知りたいという人は、海の怪物ガルガントスが登場する可能性を報じたニュースもチェックしてみよう。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。