「リラックスできる場所を作りたい」スローライフゲームのパイオニア『ぼくなつ』制作者が語る、20年以上前からこだわる“負けない世界”(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

近年『あつまれ どうぶつの森』の世界的ヒットなど、スローライフ系ゲームソフトに注目が集まる中、2月に配信された“Nintendo Direct”において、Nintendo Switch用ソフト『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』が発表された。ゲームソフト『ぼくのなつやすみ』シリーズを手掛ける綾部和氏がゲームデザイン、脚本を担当するということで、SNSは大きな盛り上がりを見せた。20年以上前から“エモさ”“ノスタルジー”を主軸とした作品を作るパイオニアでもある綾部氏に作品に込める想いを聞いた。

【漫画】新旧『クレしん』読み比べ、懐かしの“ぞうさん”や“げんこつ”が新シリーズでは…? 新キャラも公開

■ゲームの中に勝ち負けの要素を入れないことが作品へのこだわり

――綾部さんが作品をつくるときに、特に大切にされていることを教えてください。

綾部 2つありまして、まずひとつは「ゲームに戦いや争いの要素を入れず、心を安らぐことができる」こと。そしてもうひとつは「誰でもエンディングまで到達できる」ことです。ゲームの世界では戦うことも多いですし、そういうゲームのファンもたくさんいますが、僕の作るゲームではリラックスしていただけるといいなと。

――今回、『クレヨンしんちゃん』という人気作品を扱うことが決まったときは、どう思われましたか?

綾部 とにかくワクワク感が強かったですね。ゲームを制作するとき、はじめのころはどうしても気になる部分がありながら進めていくことが多いのですが、今回は最初から期待感のみが高かったです。“クレヨンしんちゃん”と“夏休み”の組み合わせだけで楽しそうなイメージなので、多くの方に興味を持ってもらえるのではないかと思っていました。

――企画に対し、クリエイターとして魅力を感じたポイントはありますか?

綾部 『クレヨンしんちゃん』の場合、原作やテレビアニメでは、日常的なエピソードが主ですが、映画ではSFになったり、時代劇になったり、突拍子もない設定を盛り込んでも成立するんですよね。こんな作品はなかなかないので、この利点をゲームに生かしたいと考えました。

――逆に、人気作品ゆえに苦労した部分はありますか?

綾部 歴史があり、大勢のファンがいる作品ですので、苦労する要素があったと思うんですが、今回はありがたいことに、漫画の出版元である双葉社さんや、アニメを手掛けてこられたシンエイ動画さん、ADKさんにも制作協力として参加していただけたので、判断を仰ぎながら開発を進めていけました。当然、キャラの3D化やセリフなどのリテイクで、苦労した部分はありましたが、人気作品だから増えてしまった苦労というのはありませんでした。

――いろいろと制限がかかってしまいそうなイメージですが、そんなことはなかったと?

綾部 そうですね。原作のある作品なので、完全に自由ではありませんが、今回はかなり自由にやらせていただきました。「ゲームの中に原作には存在しない新しい世界を作り出すこと」が必要だったのですが、それもすぐに了承していただけて。やりたいことを思う存分、盛り込ませていただきました。

――物語の舞台となる“アッソー”のことですね。

綾部 そうですね。しんちゃんのお母さん・みさえの故郷が熊本県の阿蘇市で、その隣の隣にある“アッソーの町”なんです。新しい世界を作り出すとはいえ、現実世界の“地続き”であることにもこだわりました。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。