「呪怨」シリーズの起源「呪いの家」から連鎖する恐怖…7月3日配信&予告完成(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:荒川良々と黒島結菜が共演する、Netflixオリジナルシリーズ「呪怨 呪いの家」

[映画.com ニュース] 荒川良々と黒島結菜が共演するNetflixオリジナルシリーズ「呪怨 呪いの家」が、7月3日から配信されることが決定し、あわせて予告編(https://www.youtube.com/watch?v=d2XuKP0hL-I)と場面写真9点がお披露目された。映像には、白いワンピース姿の女の影や血に塗れた胎児など不穏な要素とともに、「呪怨」シリーズの起源である「呪いの家」が巻き起こす恐怖の連鎖が生々しく映し出されている。

【フォトギャラリー】不穏な場面写真9点も一挙お披露目

 2000年にビデオ版として誕生し、03年に劇場版第1弾「呪怨」が公開。以来20年にわたり人気を集めてきた「呪怨」シリーズは、ハリウッドでもリメイクされ、呪われた悪霊の母子、伽椰子と俊雄は世界的なホラーアイコンとなった。

 新たにNetflixオリジナルシリーズとして製作された最新作では、本シリーズをけん引してきた高橋洋と、初期の「リング」シリーズを手掛けた一瀬隆重が共同で脚本を担当。「きみの鳥はうたえる」の三宅唱監督が初めてホラー作品のメガホンをとり、忌まわしい出来事が実際に起きたという「呪いの家」に焦点を当て、壮絶な人間ドラマとともに新たな恐怖の物語を紡ぐ。荒川と黒島に加え、里々佳、長村航希、井之脇海、柄本時生、仙道敦子、倉科カナが顔をそろえた。

 1988年、心霊研究家・小田島(荒川)は、新人タレント・本庄はるか(黒島)が経験した、夜中に不可解な足音が聞こえるという怪現象に興味を引かれる。時を同じくして、あるトラブルによって転校を余儀なくされた女子高生の聖美(里々佳)は級友たちに誘われ、“猫屋敷”と呼ばれる空き家を肝試し気分で訪れる。そして6年後、ソーシャルワーカーの有安(倉科)は虐待されている子どもを救うため、ある行動を起こす――。全く接点のなかった彼らは、一軒の家に引き寄せられ、絶望的な恐怖と対峙することになる。

 予告編では、奇妙な音をとらえたカセットテープ、怪奇現象に襲われる男女、暗闇でうずくまり「逃げて」とささやく少年、首つり死体、窓からこちらをのぞく影などが切り取られ、やがて女性が監禁され妊娠させられたという凄惨な過去の事件が浮かび上がる。呪いの家に端を発した怪奇現象が、見る者をじりじりと恐怖の渦に巻きこんでいく映像が完成した。場面写真には、少しずつ家の秘密に近づいていく小田島、恐怖に目を見開くはるかの姿がおさめられている。

 「呪怨 呪いの家」(全6話)は、Netflixで7月3日から全世界独占配信。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。