「婦人公論」次号に中村倫也・桐谷健太、大鶴義丹は母・李麗仙を語る(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

中村倫也・桐谷健太らが、8月10日発売「婦人公論」8月24日号(中央公論新社)のグラビアページに登場している。

誌面には、9月から「2021年劇団☆新感線 41周年興行 秋公演 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」に出演する中村の、アンニュイな表情を捉えた写真を掲載。また中村がブレイクまでの“壁”や、今の癒やしなどについて話すインタビューも収められる。桐谷は舞台「醉いどれ天使」への意気込みを語るほか、グラビアでは“大人の表情”を見せている。

さらに今号では、大鶴義丹が今年6月に79歳で死去した母・李麗仙について思いを述べているほか、連載「宝塚 すみれ色の未来へ」には宝塚歌劇団宙組の真風涼帆、潤花らが登場している。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。