「子連れ狼」ハリウッド実写化が前進、「ワイルド・スピード」のジャスティン・リンが監督か(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

パラマウントは人気漫画「子連れ狼」の実写化計画を始動させた。
The Hollywood Reporterによれば、ジャスティン・リン監督(「ワイルド・スピード」の3作目と6作目を手がている)がプロデューサーに就任する。同メディアによれば、リンは実写版の監督候補にも挙がっており、脚本は「セブン」のアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーが手がける予定だ。
リンの他にもマリッサ・マクマーン、Kamala Films、ジョシュア・ロングがプロデューサーに就任する。映画のリリース時期はまだ決まっていない。

「子連れ狼」は小池一夫(原作)と小島剛夕(画)による1970年代の漫画。主人公の拝一刀(おがみ いっとう)は柳生一族の手により妻を失い、幼い息子と共にさすらいの旅に出る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。