「泣きたい私は猫をかぶる」劇場公開からNetflix配信へ切り替え 6月18日から(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

[映画.com ニュース] 新型コロナウイルス感染拡大の状況を受けて公開延期を発表していた長編アニメーション「泣きたい私は猫をかぶる」が、6月18日からNetflixで全世界独占配信されることがわかった。

【フォトギャラリー】「泣きたい私は猫をかぶる」場面写真

 本作は、「ペンギン・ハイウェイ」のスタジオコロリドがアニメーション制作、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里が脚本を担当した青春ファンタジー。「ムゲ(無限大謎人間)」とあだ名される中学2年の少女・笹木美代は、思いを寄せるクラスメイト・日之出賢人に近づくため猫に変身する力を使うが、次第に“本来の自分”と“猫の自分”の境界があいまいになっていく。

 Netflixでの配信が決まり、関係者一同からのコメントが発表された。劇場用映画として本作を作ってきたが、予定通り公開することがかなわなくなり、「失われていく日常の中で改めて気づかされました。映画に込められた多くの人たちの夢や熱意に。お客さんに見てもらえる劇場という場所の素敵さに。それでも今自分たちができることは、作品を世に出すこと、作り続けることだと考えます」と、配信を選んだ理由を明かす。

 ムゲ役の志田未来は「映画は見てくださる方がいて、本当の完成だと思っています。お届けする形は変わってしまいましたが、一人でも多くの方に見ていただきたいです」、ムゲが思いを寄せる日之出役の花江夏樹も「大切な人を思い浮かべながら、幅広い世代の方に見ていただきたいそんな素敵な作品です。配信をお楽しみに!」と、それぞれ呼びかけている。

 共同監督を務めた佐藤順一、柴山智隆も本作への熱い思いを語り、「作品にこめた大切なものは配信でも届ける事ができると信じています」(佐藤監督)、「『泣き猫』がみなさんの日々の暮らしの一助になれたなら光栄です。一人でも多くの方にこの映画が届くことを願うばかりです」とコメントを寄せた。

 「泣きたい私は猫をかぶる」は、Netflixで6月18日から全世界独占配信。

【広告】

快適なネットショッピングを体験しよう!!

<

コメントは受け付けていません。