「肉弾戦のフルボッコ!」と自信 Vシネの帝王・小沢仁志還暦記念映画「BAD CITY」公開決定(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

「顔面凶器」「Vシネマの帝王」などの異名を持ち、様々なフィールドで活躍する俳優・小沢仁志が本日6月19日に60歳の誕生日を迎え、“還暦記念映画”として放つ新作アクション映画「BAD CITY」の公開日が発表された。12月9日にロケ地である福岡県で先行上映を行い、2023年1月20日から新宿ピカデリーほか全国で順次公開。このほど、4種類のティザーポスターと、15秒ティザー映像および、小沢のコメントが披露された。

【動画】「BAD CITY」特報

 60歳、還暦という節目を迎えた小沢が生きざまのすべてをぶつけ、「俳優人生で最後の無茶」という怒涛の展開を見せる本作は、小沢によるオリジナル脚本(製作総指揮・脚本はOZAWA名義)。製作総指揮として、映画の企画段階から撮影のコーディネートまでこなし、主演として本格的なアクションに挑んだ。本作のために徹底したアクション練習と体づくりを行い、本作ではCGなし、スタントなしの肉弾戦に挑み、本格アクションを披露している。

 監督・アクション監督は、デビュー作「HYDRA」(2019)が海外映画祭でも評価され、アクション監督を務めた「ベイビーわるきゅーれ」がロングランヒットとなっている園村健介。また、7月1日よりスイスで開催されるヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭のAsian Competition部門に招待されることが決定している。

▼主演・脚本・製作総指揮:小沢仁志(OZAWA)コメント

50まで生きれないんじゃないか??
そう思ってた俺が60という数字の還暦を迎えるとは
そして
この還暦記念映画
「BAD CITY」を作れるとは思いもしなかった
この映画やばいよ!
向こう数十年はマズいが
数年はこの映画を超える日本映画は生まれないかも
なんせ
CGナシ、吹き替えナシ、涙アリ!笑
肉弾戦のフルボッコ!
是非劇場で観てな!

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。