「観光客はマスクをしない」千原ジュニア、宮古島の窮状を訴え「一人出たら終わりだ」(AbemaTIMES)

沖縄の玉城デニー知事が26日にツイッターを更新。ゴールデンウィーク期間中に沖縄を訪れる予定の観光客が、航空会社の予約状況によると約6万人いることを明かし、「残念ですが沖縄は非常事態宣言の体制で充分なおもてなしは到底できません。離島を含め医療体制も非常事態です。どうか今の沖縄への旅はキャンセルして受け入れ可能な時期までお待ち下さい。stayhome weekして下さい」と訴えた。

【映像】観光客の“やりたい放題”に物申す

 同じ日にABEMAで放送された『ABEMA的ニュースショー』に出演したお笑いタレントの千原ジュニアが、現地に住む友人の話として宮古島の窮状を明かした。

「観光客がどんどん来ている。ホンマに勘弁してもらわないと、コロナに対応しているベッドは島内で3床のみ。『一人出たら終わりだ』と言っている」

 また島民と観光客の間にトラブルも発生していると話す千原ジュニアは「島民以外の人は入店お断りの張り紙が張られていて、トラブルにもなっているらしい。落ち着いたらぜひ来てください。ただ、今は本当にどうか来ないでという話を聞いた」と現地の人々の本音を代弁した。

 すると、自身の中学生の同級生が石垣島でカフェを営んでいるというジャーナリストの堀潤氏が「一か月半くらい前に地元の方と旅行者の方とトラブルになった。旅行者の方は都内などで自粛要請やマスク着用などで縛られている。そのため、石垣に行った時の解放感が大きく遊んでしまう。それでトラブルになったようだ」と明かすと、千原ジュニアも「ホンマに観光客はマスクをしないらしい。なかには移住してくる人もいるらしい」と怪訝そうに続けた。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。