「訴えてやる!」マザコンでモラハラ、年下DV彼氏との裁判1000日戦争(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

優しかった彼氏の態度が、同棲直後からガラリと変化。生活費の使い込みにマザコン気質、さらには暴力をふるわれ警察沙汰に…。そんなDV彼氏を訴えた裁判の実体験を描くコミックエッセイ『ダメ彼を訴えます!! ~殴られたので裁判しました~』が話題となっている。コロナ禍で在宅の機会が増え、また社会的なストレスも増しているのに伴い、配偶者や恋人から受けるDV被害も急増しているという。被害を受けても泣き寝入りする女性が多いなか、著者の二星星(にぼしぼし)さんを立ち上がらせた強い思いとは。

【漫画】“いい人”がモラハラDV男に一変! 流血沙汰…衝撃事件の一部始終

■周囲からは“いい人”の好印象、モラハラに気づかない人も…

──結婚を前提に同棲を始めてから、彼の態度が変わっていったそうですね。一緒に住む前からその兆しは感じられたのですか?

【二星星さん】それが…全く感じられなかったんです。同棲前に同じ会社で働いていたんですけど、周りからの評価はいわゆる“いい人”。5歳ぐらい年下だったこともあり、可愛いという印象で、やんちゃなところは一切ありませんでした。

──それが、どのように変わっていきましたか?

【二星星さん】一緒に住み始めて1ヵ月ぐらい経った頃から、家に置いていたお金がなくなり、彼がほとんど家に帰ってこなくなりました。月にトータルで1週間いるかどうかくらいで、連絡もほとんどLINEのみ。あとは、彼が常に親の支配下にあるような感じで、「お父さん、お母さんが言ったから〇〇をやる」ということをよく言っていました。

──だいぶモラハラ気質がうかがえます…。面と向かって彼と話したくても、だまってしまって話し合いにならなかったとか。

【二星星さん】そうなんです。話し合いを持ちかけるのは私ばかりで、彼からすれば、“いつもキツいことを言ってくるのは彼女”という感覚なんでしょうね。世間のDVのイメージって、相手の支配下に陥って暴力を受けるものだと思うんですけど、私は何かあったとしても言い返したり、やり返せたりできるタイプ。私みたいなハキハキ言える性格でも、じつはモラハラを受けているというケースは多く、それに気づいていないという方も、たくさんいらっしゃると思います。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。