「超余裕!」は“マヨネーズ”アニメ? 最終話で獣人がマヨラーに(AbemaTIMES)

出典元:(C)海空りく・SBクリエイティブ/「超余裕!」製作委員会

アニメ「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」最終話が、12月19日より順次放送中。劇中でマヨネーズがたびたび登場することをネタにされてきた同アニメだが、最終話でも獣人の子供・ルーが料理に大量にマヨネーズをかけるシーンが放送された。  

 同アニメの原作は、海空りく氏によるライトノベル。7人の超人高校生たちが異世界に迷いこみ、発電所を作ったり大都市の経済を牛耳ったりする異世界革命物語だ。

 同アニメでは過去、超人高校生が異世界でマヨネーズを作り、住人に普及させる展開があった。そのため劇中でマヨネーズがたびたび登場しており、ファンから「異世界マヨネーズ」「マヨネーズ教」などの珍ワードが飛び出るほど、“マヨネーズ”アニメとして愛されている。最終話「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」でも、ルーがひとつの料理に1本のマヨネーズを使い切るシーンがあった。

 すっかりマヨラー化したルーに、Twitter上では「ルーちゃん、見事にマヨラーになった♪」「すっかりマヨラーのルー」「マヨネーズ炸裂ww」と反響を呼んでいた。また、最終話冒頭のシーンでもマヨネーズが出てきたため、「マヨネーズに始まりマヨネーズに終わる」との声も上がっていた。

(C)海空りく・SBクリエイティブ/「超余裕!」製作委員会

【広告】

Doresuwe



コメントは受け付けていません。