「鈴木先生」の生徒役キャストが凄かった!学園ドラマはスターの宝庫(シネマトゥデイ)

出典元:土屋太鳳(2019年7月撮影)、北村匠海(2020年2月撮影)、松岡茉優(2019年3月撮影)

現在、大河ドラマ「麒麟がくる」で主人公・明智光秀を演じる長谷川博己が連続ドラマ初主演を務めた2011年放送の「鈴木先生」(テレビ東京)。学園のマドンナを演じた土屋太鳳や優等生役の北村匠海をはじめ、今をときめく俳優陣の顔ぶれを振り返ってみた。

【写真】2013年の映画版「鈴木先生」

 本作は、2007年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した武富健治の同名コミックが原作。胸キュンのシーンが詰まったきらきらの青春ものとは一線を画すのが、長谷川博己が演じた中学校教師・鈴木先生のキャラクター。「問題児」ではなく、一件問題のなさそうな「普通の子」に気を留める独自の教育理論を持つゆえに教師間での衝突もあり、受け持つクラスの美少女に妄想を抱いたりと人間臭い教師像が親しまれ、第49回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞など数々の賞に輝き、翌2012年には映画版も公開された。脚本は「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。