「麒麟がくる」道三ロス相次ぐ 父子の“抱擁”に涙の感想(シネマトゥデイ)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:第十七回「長良川の対決」より。斎藤道三(本木雅弘)と高政(伊藤英明) – (C)NHK

10日放送の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第十七回で、明智光秀(長谷川博己)の主君・斎藤道三(本木雅弘)と嫡男・高政(伊藤英明)の親子対決が描かれ、放送後「涙が止まらない」と道三ロスの声が相次いでいる(※ネタバレあり。第十七回の詳細に触れています)。

【写真】本木雅弘主演のアカデミー賞受賞作

 第十七回「長良川の対決」では道三が、家督を譲った直後に謀反を起こした嫡男・高政を討つべく長良川を挟んだ戦いへ。娘の帰蝶(川口春奈)は兵の数で劣っていた道三を逃がそうと計画していたが道三はこれを退け、高政と真っ向勝負。帰蝶の夫・織田信長(染谷将太)、そして光秀も道三の側につき駆けつけようとするが……。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。