「mid90s」公開記念企画 90年代の青春映画「KIDS」「バッファロー66」を期間限定上映(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:映画.comアクセスランキング(エンタメ)雑誌アクセスランキング(エンタメ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

[映画.com ニュース] 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「マネーボール」などで知られる俳優ジョナ・ヒルの初監督作「mid90s ミッドナインティーズ」の公開を記念し、“1990年代”をテーマにした企画「『mid90s ミッドナインティーズ』ムビフェス」の開催が決定、8月21日から90年代伝説の青春映画「KIDS(1995)」、「バッファロー'66」(98)が渋谷ホワイトシネクイントで公開される。

 「mid90s ミッドナインティーズ」はジョナ・ヒルが脚本を手がけ、自身が少年時代を過ごした1990年代のロサンゼルスを舞台に、13歳の少年の成長を描いた青春ドラマ。90年代の様々なLAカルチャーを背景に、少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)がスケートボードを通して仲間に出会い、大人への扉を開いていく。ニルヴァーナ、ピクシーズ、モリッシー、ファーサイド、ア・ トライブ・コールド・クエスト、など90年代当時のヒット曲や90年代当時のファッション、カルチャーなどが随所にちりばめられていることも話題となっている。

 「KIDS(1995)」(ラリー・クラーク監督)は当時19歳だったハーモニー・コリンが脚本を担当、セックス、ドラッグ、アルコール、暴力が日常にあった、ニューヨークのストリートキッズのリアルな生態をドキュメンタリータッチで描き、公開時には上映禁止運動がアメリカで起こるなど物議を醸すなど話題を呼んだ。「バッファロー'66」はミュージシャンや俳優、モデルなどマルチに活躍するビンセント・ギャロが監督、ギャロ自身がチョイスしたオフビートな映像とプログレ音楽を融合させたセンスで注目を集め、日本でもカルト的人気を誇った。ともに90年代のカルチャーを映す代表的な作品だ。

 「KIDS(1995)」「バッファロー'66」は、8月21日~9月3日の期間限定で、渋谷ホワイトシネクイントで公開。「mid90s ミッドナインティーズ」は、9月4日から東京の新宿ピカデリー、渋谷ホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャインほか全国で公開。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。