『おかえりモネ』“朝岡”西島秀俊の過去に視聴者びっくり「山の神ならぬ風の神」(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第12週「あなたのおかげで」(第59回)が5日に放送され、百音(清原)の上司で気象予報士の朝岡(西島秀俊)の過去が明かされると、ネット上には驚きの声が多数寄せられた。

【写真】学生時代、駅伝選手だった過去を明かす朝岡(西島秀俊)

 朝岡の“いずれ気象キャスターをやめるつもり”という発言に、百音たち気象班一同は大騒ぎに。車いすマラソンの選手・鮫島(菅原小春)のサポートを機に、社内にスポーツ気象のセクションを作りたがっているはずの朝岡が“気象キャスターをやめるつもり”と口にしたことに百音たちは釈然としない。

 そんなある日、百音と情報番組を一緒に担当している内田(清水尋也)が新聞記事のコピーを持って駆け込んでくる。その記事には大学駅伝の結果が掲載されていて、大学生時代の朝岡の姿がある。「よく見つけましたねぇ」と感心する朝岡は、百音たちに「これは私です…」と自身の過去を語り始める。

 朝岡は大学生時代、駅伝チームに所属し好成績を残す選手だった。風に強く区間新記録を出すほどの走りは“風の神”の異名を取るほどだった。

 朝岡が4年生を迎えた時の大会のこと。レース当日は気温が高くなり雨も降るという予報が出されていた。雨なら乗り切れると出場を決意したものの、予報ははずれ当日の天候は晴天に。さらに1月にもかかわらず気温が19℃まで上昇したことから、暑さに弱かった朝岡は熱中症のためにレースを途中棄権。チームが50年間つなぎ続けたタスキを途切れさせてしまうことになったのだった。

 朝岡の過去が明かされると、ネット上には「朝岡さんにそんな過去が!!」「区間新だしたの!!めっちゃすごい」といった驚きの声が相次ぎ「風の神!!!朝岡さんカッコいい」「山の神ならぬ風の神!!」などのコメントも集まった。さらに「朝岡さん自身が気象によって辛い思いをしていたのか」「そんなでっかいトラウマ抱えていたのか朝岡さん…」「タスキを途切れさせてしまった。こりゃキツいわ」「よほど悔しかったんだね…」という投稿も寄せられていた。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。