『その男の記憶法』ムン・ガヨン、女神級の美しさを放つドレス姿 場面カット公開(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

8月1日配信スタートの韓国ドラマ『その男の記憶法』(Amazon Prime Video)より、女優ムン・ガヨン演じるヒロインの美しいドレス姿の場面写真が解禁された。

【写真】『その男の記憶法』美しいムン・ガヨンのドレス姿

 本作は、“永遠に記憶する”キャスターのイ・ジョンフン(キム・ドンウク)と、“大切な記憶を失った”女優ヨ・ハジン(ムン・ガヨン)が、運命的に引かれ合う切ない大人のラブストーリー。

 ムン・ガヨンが演じるのは、過去のある出来事がきっかけで記憶喪失になってしまった女優ヨ・ハジン。彼女は世間からは演技力がないと言われ、スキャンダルも多いお騒がせ女優だが、素顔はとても心優しく、自分に正直なかわいらしい女の子。

 場面写真では、どれも違った魅力を放つ3つのドレス姿が映されている。まず、肩を出した真っ赤なドレスに身を包んだセクシーな姿、全身ブラックコーデでカッコよく気品あふれる姿、さらにふんわりとしたホワイトのロングドレスを着こなすかわいらしい姿など、どれも違ったタイプのファッションでまさに女神級の美しさを放っている。

 本作では自身と同じ女優役に挑戦したムン・ガヨンだが、ドレスで着飾った撮影について「私が演じたハジンも女優なのでドレスアップしてかしこまったシーンの撮影が多かったです。そのため色々と研究しながら演技しました」と振り返っている。女優の“オフの姿”は自然体で演技できたそうで「ドラマを見た友達から『どうして普段の生活を見せるの?』という連絡がたくさん来ました(笑)私は台本から感じたハジンの愛らしさをそのまま表現したかったので、自然と普段の自分の姿が役に反映されていたのかなと思います」と明かしている。
 
 ムン・ガヨンは、ドイツ生まれのトリリンガルな帰国子女。子役としてモデルデビューした後、女優としてドラマや映画で活躍し、ドラマ『オレのことスキでしょ。』『ウラチャチャ!?~男女6人恋のバトル~』などに出演。人気漫画を実写ドラマ化した『女神降臨(原題)』ではヒロインに抜てきされた。これまでさまざまなキャラクターを演じてきたが、本作では大人のラブストーリーに挑戦。ハジンと恋に落ちるイ・ジョンフンを演じたキム・ドンウクは一回り以上も年上のベテラン俳優で、撮影現場ではキム・ドンウクが引っ張ってくれたそうだ。「今回は想像以上に難しいシーンが多く、プレッシャーを感じていたんです。でもキム・ドンウクさんが撮影をリードしてくれて、ハジンがより魅力的になったと思います」と語っている。

 ドラマ『その男の記憶法』は、Amazon Prime Videoにて配信中。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。