『ウォーキング・デッド』の新スピンオフドラマ『Tales of the Walking Dead』のシリーズ化が決定(IGN JAPAN)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:IGN JAPAN

米ケーブル局AMCが、ゾンビが蔓延る『ウォーキング・デッド』ユニバースでお馴じみのキャラクターや新しい登場人物の物語を単独で伝える、1時間枠のアンソロジー・スピンオフドラマ『Tales of the Walking Dead(原題)』のシリーズ化を発表した。
『Tales of the Walking Dead』は2022年夏にAMCと配信サービスAMC+でデビューし、撮影は来年上旬に開始の予定だ。 『ウォーキング・デッド』と 『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』の脚本家兼プロデューサーであるチャニング・パウエルがショーランナーを担い、 『ウォーキング・デッド』ユニバースでチーフコンテンツオフィサーを務めるスコット・M・ギンプルと密接にタッグを組みながら、新スピンオフの全6話となるシーズン1を制作する。

AMC局とAMCスタジオのオリジナルプログラミング部門で社長を務めるダン・マクダーモットは、「この世界では、豊かで説得力のある広範なストーリーテリングの可能性が非常に高いと考えています。『Tales of the Walking Dead』の単独的なアンソロジー形式は既存のファンを楽しませる柔軟性を提供し、特に配信プラットフォームでは新しい視聴者にとってエントリー・ポイントとなるでしょう。『トワイライト・ゾーン』や最近では『ブラック・ミラー』といったドラマの名作で、このフォーマットの魅力を目にしてきました。この非常にユニークで夢中になれる世界を背景に、この新しい方法でファンと触れ合えることにワクワクしています」と述べている。
そしてギンプルは、「このシリーズは、『ウォーキング・デッド』ユニバースの他のどのシリーズよりも新しい声と視点、アイデアに基づいて制作され、これまでに語られたことのないストーリーに息を吹き込みます」とコメントしていた。
『Tales of the Walking Dead』は、『ウォーキング・デッド』のファイナルとなるシーズン11が終了したのちにリリースされることになる。シーズン11の第2部は2022年2月20日に放送開始され、ファイナルとなる第3部は2022年の後半にデビューする予定だ。

この新アンソロジー・シリーズは、『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』と『ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド』、リック・グライムズを主役にしたTV映画、ダリル・ディクソンとキャロル・ペルティエを主人公にしたスピンオフドラマ、そして、制作が噂されているニーガンにフォーカスした別のスピンオフなど拡大を続けるシリーズに加わるため、『ウォーキング・デッド』のファンは本家シリーズの終了を心配する必要はないだろう。

コメントは受け付けていません。