『コール オブ デューティ ウォーゾーン』により強力なカーネルレベルのチート対策「Ricochet」が導入予定(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『コール オブ デューティ ウォーゾーン』のために開発されたアンチチート構想の名称が発表された。「Ricochet」と呼ばれるこの構想は、カーネルレベルの監視プログラムを使ってチート行為に対抗するように設計された「多角的なアプローチ」だ。今後、PCで「ウォーゾーン」をプレイする際にはRicochetが必須となる。
チート行為の激しさが増すにつれ、「ウォーゾーン」のようなゲームや『コール オブ デューティ ヴァンガード』のベータ版までもがチーターの犠牲になっている。発売が予定されている「ヴァンガード」のメディアツアーで、Activisionは「ウォーゾーン」および「ヴァンガード」向けの新しい専用アンチチート構想を発表した。
このRicochetは、Riot GamesのVanguard(「コール オブ デューティ」のゲームと同じ名称だが無関係)と同様にカーネルレベルドライバを利用している。Vanguardはカーネルレベルでコンピューターにアクセスできることから批判されていたが、ここ数カ月でチート行為に対する効果が証明されて流れが変わった。

「コール オブ デューティ ウォーゾーン」画像・動画ギャラリー

Activisionは、Ricochetでこれと同じことを行いたいと考えている。FAQで、Activisionはチートソフトウェアがより精巧になっていると述べ、新しいチート対策について「カーネルレベルドライバによって、ウォーゾーンを実行している間にそのゲームコードの操作を試みる可能性のあるアプリケーションを監視することができます」と説明している。
コンピューターへのアクセスが制限されているユーザーレベルのアプリケーションと比較すると、カーネルレベルのドライバはチート行為に対してより高度な対抗が可能になる。
Ricochetは常にオンの状態ではなく、ドライバはゲームをやめる際にシャットダウンし、新たにゲームを始める際にオンになるという。

また、Ricochetは『コール オブ デューティ ウォーゾーン』とのインタラクションプロセスのみを検査するもので、チート行為を完全に排除することはできないものの、これまでActivisionが利用してきたアンチチートシステムよりも強力なものとのことだ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。