『ドクターホワイト』第2話 白夜(浜辺美波)“笑顔の練習” 軽妙なかけあい&急展開に驚きの声(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

女優の浜辺美波が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『ドクターホワイト』(毎週月曜 後10:00)第2話が、24日に放送された。

【動画】『ドクターホワイト』第2話予告

 本作は、豊富な医療知識がありながら、正体不明で社会性皆無という女性・雪村白夜(浜辺美波)が、医師たちの診断を「それ、誤診です!!」と覆し、患者の命を救っていく新感覚の医療ミステリードラマ。

 第2話では、総合診断協議チーム(通称:CDT)が発足。難しい症状でも病名を確定させて命を救う、診断に特化した協議チームが動き出す。CDTは、病院長である巌(石坂浩二)が経営再建のため立ち上げた協議チームで、娘で内科医の麻里亜(瀧本美織)はリーダーに、高い診断能力を買われた白夜もチームの一員に選ばれ、将貴(柄本佑)は白夜のサポート役に任命される。

 ところが、メンバーとして名乗りを上げたのは精神科医の西島耕助(片桐仁)のみ。人員不足に悩む麻里亜に、西島は、かつて腕の立つ外科医だった、皮膚科医の夏樹拓実(勝地涼)をスカウトしてはどうかと助言するが、夏樹は優秀な反面プライドが高く、診察も効率重視で、激しくクセの強い人物だった。

 この日の放送では、白夜の「笑顔の練習」シーンについて注目が集まり「かわいい!」「笑顔の白夜さんも最高!」「笑顔で『誤診です!』だ(笑)」などといった感想が続出。テンポ感のあるかけあいと急展開のメリハリにも注目が集まり「白夜さん『クビになりました』って(笑)」「麻里亜さんのスイッチ面白い」「みんなのかけあいが楽しい」「いきなりびっくりした!」などといった声が相次いで寄せられた。

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。