『バトルフィールド 2042』3つ目の大規模なモード「ハザードゾーン」のトレーラーが10月15日に公開!(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

『バトルフィールド 2042』の第3のモード「ハザードゾーン」のトレーラーが2021年10月15日0:00にYouTubeにてプレミア公開される。ハザードゾーンの詳細についてはまだ不明で、これで具体的なゲーム内容が初公開になると思われる。

「バトルフィールド 2042」画像・動画ギャラリー

本作では普通のマルチプレイモードの「全面戦争」(プレビュー記事)と、過去シリーズのコンテンツを組み合わせるカスタマイズモード「バトルフィールド・ポータル」、そして今回のハザードゾーンの3つのモードが軸になっている。ハザードゾーンは、かなり大規模なモードになっていると考えていいだろう。公式サイトのゲームモード紹介ページを見るに、ハザードゾーンは「モダンなマルチプレイヤー体験を楽しめる新登場の分隊ベースのゲームモード」になっているらしい。
IGN USの記事(英語)によると、ハザードゾーンは『Escape from Tarkov』と『Hunt: Showdown』をミックスしたようなゲームになると、データマイナーのツイートによって噂になっている。これらのゲームはPvPvE方式のマルチプレイがたのしめる作品。ハザードゾーンでもAIの敵が登場するようで、それらと争いながらミッションをこなして報酬を獲得していくようなゲームになっているのだと思われる。
ただし、この情報は2021年8月時点のもの。しかもデータマイニングによる情報になっているので、あくまでも噂程度の情報だと思ってほしい。

コメントは受け付けていません。