『ポケモン GO』のパンデミック向け仕様変更を元に戻すことに対しプレイヤーが反発 署名活動も開始(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『ポケモン GO』のコミュニティーが、新型コロナウイルス感染拡大の対策として導入された仕様変更を元に戻す計画の発表を受け、開発元のNianticに対し怒りを表明している。この変更は、プレイヤーが自宅からでもゲームにかかわれる手段を増やし、ソーシャルディスタンスが保てるもので、コミュニティーから好評だったが、それが廃止されることになって反対意見が出た。
6月21日、Nianticは『ポケモン GO』の仕様変更を元に戻すと発表。これにより、ポケストップやジムにアクセスできる距離などがパンデミック前の仕様に戻る。加えて、パンデミック向けの仕様ではおこうの効果もアップし、自分のいる場所にポケモンが出現するため、家にいながら捕まえることができた。これも通常の効果に戻るが、移動中にはボーナスが発生する。
パンデミック向けの仕様変更によりゲームがプレイしやすくなっていたため、こうした変更を元に戻すという発表はコミュニティーを動揺させた。

「Pokémon GO」画像・動画ギャラリー

Change.orgで署名活動を開始したガブリエル・ルッソは、「交流の幅が広がったことにとても感謝している人がいます」と記している。「体に障害を持つ人たちも、以前はできなかったポケストップやジムへのアクセスが可能になりました。おこうの効果アップもかなり大きな要素でした。これまで、特別ボーナスがあったことから長くプレイしていた人は、もうプレイすることができませんし、プレイする気にならないでしょう。プレイヤーが減ればNianticの収益も減るため、こうしたボーナスを廃止することは道徳的にも財政的にもよくない決断です」
ルッソの署名活動は、Change.orgで行われているNianticを対象とした活動3つのなかでもっとも小さいものだ。今のところ、これら3つ合計で8万1800以上の署名が集まっている(記事執筆時点)。
そのなかの1つは『ポケモン GO』のsubredditコミュニティーメンバーが作成したもので、記事執筆時点でもっとも多い6万2000人以上が署名している。「恒久的な追加要素だと述べたものを排除することで、私たちの信頼を裏切っていることをNianticに知らせるために署名してください」とAmazon_UKは述べていた。
ほかにも、変更が元に戻ることに対する見解や、この状況に対する不満など、同様の話題が投稿されたRedditのスレッドがいくつかある。コミュニティーが喜んでいないことは明らかで、Nianticが懸念の声に耳を傾けることを望んでいるようだ。Nianticがそれに応えるかどうかはわからない。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。