『ミラベルと魔法だらけの家』11.26公開決定 魔法と音楽に心躍る特報解禁(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

ディズニー・アニメーション・スタジオの映画最新作『ミラベルと魔法だらけの家』の日本公開日が11月26日に決定。併せて日本版特報が解禁された。

【動画】魔法と音楽に心躍る 『ミラベルと魔法だらけの家』日本版特報

 本作は、“魔法”にあふれる世界に住む新ヒロイン・ミラベルの活躍を描くミュージカル・ファンタジー。日本でも興行収入50億円を超える大ヒットとなった『モアナと伝説の海』(2017)以来4年ぶりの新作オリジナル・ミュージカルとなる。

 日本版特報で映し出されるのは、南米コロンビア奥地にたたずむ魔法の力に包まれた不思議な家の、活気あふれる日常。思わず踊りたくなるような陽気なラテンのリズムに合わせ、マドリガル家のドアや窓が踊るように動き出す。大きく開かれた扉からあふれ出す光に導かれるように家の中に入ると、動く靴や、まるで生きているかのように自らコーヒーを注ぐコーヒーポット、そして滑り台のように形を変える階段など、家中が“魔法だらけ”。

 ピアノ2台を軽々と持ち上げてしまう少女、沢山の動物たちと家族のようにコミュニケーションをとる少年、さらに目の前の人と同じ姿に変身してしまう少年や、一瞬で美しい花を咲かせる力をもった少女など、マドリガル家に生まれる子供たちは、1人1人ユニークな“魔法の才能(ギフト)”を家からプレゼントされる。

 その中で、たった1人だけ“魔法の才能”をもらえなかった少女がいた。彼女の名はミラベル。「魔法の才能がなくても、私も特別な家族の一員よ」と、力を持たずとも家族と幸せな生活を過ごしていたミラベルだが、ある日、この魔法だらけの家に危険が迫っていることを知り、家族を救うため”唯一の希望“として立ち上がることを決意する。

 音楽を手掛けるのは、ブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』(2008)や、脚本・作詞・作曲・主演を務めたミュージカル『ハミルトン』(2015)でトニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞したリン=マニュエル・ミランダ。

 監督は、『塔の上のラプンツェル』(2011)の監督バイロン・ハワードと、『ズートピア』でバイロンと共同監督・脚本を手掛けたジャレド・ブッシュ。2人が、アカデミー賞長編アニメーション賞はじめ数々の賞に輝いた『ズートピア』以来、再びタッグを組んだ。

 アニメ映画『ミラベルと魔法だらけの家』は、11月26日より公開。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。