『世にも奇妙な物語』秋の特別編 森七菜、赤楚衛二、桐谷健太、山口紗弥加が主演【コメントあり】(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

フジテレビ系『土曜プレミアム 世にも奇妙な物語‘21秋の特別編』が、今秋に放送され、森七菜、赤楚衛二、桐谷健太、山口紗弥加の4人が主演を務めることが26日、発表された。

【写真】女子高生を演じる森七菜

 秋の特別編は『優等生』『スキップ』『ふっかつのじゅもん』『金の卵』の4作品を放送。『秋の特別編』の中で、一番の長い物語となる『優等生』には森が『世にも奇妙な物語』初出演にして主演を担当する。いまどきの少しおバカな女子高生を演じるが「子供の頃から、友達みんなで集まって見ていた番組といえばこの番組だったので、とてもうれしかったです! 私が登場する物語も『世にも奇妙な物語』らしさ満載のゾワっとする物語なので、私と同じように楽しんでくれる人がいると思うと今からとてもワクワクしています」と呼びかけた。

 『スキップ』の主演を務めるのは、赤楚で、こちらも『世にも奇妙な物語』に初出演にして主演を担当。タイムリープに巻き込まれるうだつの上がらない大学生役を務めるが「めちゃくちゃテンション上がりました! 小さい頃から、“怖いな”と思いつつも、思わず見てしまうストーリー展開でいつも楽しく見ていた番組です。そして、役者をやるからには、いずれは出演させていただきたい番組の一つだったので、本当にうれしかったです。今年一番うれしいです!」との思いを打ち明けた。

 『ふっかつのじゅもん』で主演を務める桐谷も『世にも奇妙な物語』に初出演。テレビゲーム『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』を題材にした『世にも奇妙な物語』らしい過去と現在の人の思いを紡ぐドラマで、過去に強い後悔を残す父親を演じるが「『世にも奇妙な物語』は歴史のある番組で、僕も出演することが夢だったので、出演できてうれしくおもっております。ウソみたいな本当の話ですが、このオファーが来る前に僕の頭の中で“ロトのテーマ(『ドラゴンクエスト』のゲーム音楽)”が流れたんです…偶然に! その後すぐにマネージャーさんから『世にも奇妙な物語』話が来たと聞き、それも『ドラゴンクエスト』の話と言われ、即決で“やります!”と返事をしました」と明かした。

 『金の卵』の主演を務めるのは、山口。『世にも奇妙な物語』に出演するのは、2007年3月に放送された『世にも奇妙な物語 春の特別編』内の『午前2時のチャイム』以来、約14年ぶり2回目の出演となり、偶然見つけた金の卵の不思議な力に取りつかれていく母親を怪演しているが「お待ちしていました!(笑)。大好きなシリーズなので、お話をいただいた時はとてもうれしかったです。14年ぶりの出演となりますが、時を経て成長した姿をお見せできればと思っています」とアピールしている。

【広告】


コメントは受け付けていません。