『四畳半タイムマシンブルース』2022年劇場公開 キャストに浅沼晋太郎、中井和哉ら(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

森見登美彦による同名小説をアニメ化した『四畳半タイムマシンブルース』に、メインキャストとして浅沼晋太郎、坂本真綾、吉野裕行、中井和哉、諏訪部順一、甲斐田裕子が出演することが決定。併せて本作が、2022年にディズニープラスで配信&劇場公開されることも決定した。

【動画】人類史上もっとも暑苦しく不毛な青春SF奇譚『四畳半タイムマシンブルース』PV

 本作は、フジテレビ“ノイタミナ”にてテレビアニメ化もされた森見の小説『四畳半神話大系』(太田出版・角川文庫)と、ヨーロッパ企画の上田誠による戯曲『サマータイムマシン・ブルース』(早川書房)が融合して誕生した、森見による小説『四畳半タイムマシンブルース』のアニメ化。『四畳半神話大系』の登場人物たちが、『サマータイムマシン・ブルース』の世界で右往左往する物語だ。

 今回発表されたのは、メインキャストの6名。浅沼、坂本、吉野、諏訪部、甲斐田はアニメ『四畳半神話大系』で演じたキャラクターを、本作でそのまま続投する。

 「私」役を務める浅沼は「僕の声優としてのターニングポイントになった作品は、間違いなく『四畳半神話大系』でした。11年の時を経てまた再び、薔薇色のキャンパスライフを求め、責任者を探し、黒髪の乙女や悪友と奔走することができるなんて、無類の喜びです。願わくば、あの人の元まで届きますように」とコメント。

 『四畳半神話大系』で藤原啓治が担当した樋口師匠役を演じるのは、『ONE PIECE』のゾロ役などで知られる中井。「『夜は短し歩けよ乙女』での貴重な経験。藤原啓治さんの最高に魅力的な樋口師匠に対して、自分なりの別物を作ろうとジタバタしたことは強く印象に残っています。今回再び演じさせていただけることは本当に光栄ですし、あの不思議で素敵な京都に早く戻りたい気持ちでいっぱいです。今回も多分、いやきっとジタバタするでしょうが、楽しんで全うしたいと思います」と意気込みを語る。

 アニメ『四畳半タイムマシンブルース』は、2022年にディズニープラスで配信&劇場公開。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。