『最後の決闘裁判』本編映像が解禁 マット・デイモン×ジョディ・カマーが激しく感情をぶつけ合う(クランクイン!)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:クランクイン!

マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックが出演するリドリー・スコット監督最新作『最後の決闘裁判』より、本編映像が解禁。騎士カルージュ役のマットと、その妻マルグリットを演じる新星女優ジョディ・カマーが、それぞれの想いをぶつけ合う緊迫の場面を収めている。

【動画】マット・デイモン×ジョディ・カマー、迫力の演技がさく裂 『最後の決闘裁判』本編映像

 本作は、百年戦争の最中にあった中世フランスで、1386年に実際に執り行われいまだに真相不明な史上最後の“決闘裁判”を映画化した歴史ドラマ。

 14世紀フランス。権力と地位を求めて苦闘する騎士ジャン・ド・カルージュ(マット)の美しき妻マルグリット(ジョディ)は、夫の友人であり、宮廷から寵愛を受ける家臣ジャック・ル・グリ(アダム)に乱暴されたと訴える。だがル・グリは無実を主張。真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる。それは、勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になることを意味していた。そしてもし夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けることになる…。

 今回解禁されたのは、騎士カルージュとその妻マルグリットが、負ければ双方共に残酷な死が訪れるという絶望の淵に立たされる中、決闘裁判の是非について激しく想いをぶつけ合うシーン。マルグリットがカルージュに対し「負けたらどうなるか知りながら、黙ってたのね」と厳しく問い詰め、対するカルージュは「真実なら神が守る」と断言する。

 そんな夫にマルグリットは「私と赤子の運命を決めるのは神じゃない。先に倒れる決闘者よ」と自身が妊娠している事を明かし、「あなたが決闘にこだわり、私は焼き殺される」と心情を吐露。カルージュが「君のため命をかける」と説得しようとしても「私の命を危険にさらすのね。仇敵と戦い、誇りを守るため。この子は両親を失うのよ。考えなかった?」と言い放つ。孤独の中で“決闘裁判”に挑もうとするカルージュと、生まれてくる新しい命のために心を砕くマルグリット。2人それぞれの勇気と覚悟が印象的な、エモーショナルなシーンとなっている。

 マルグリットを演じたジョディは「マットの演技を見ていて素晴らしいのは、スクリーン上で見るマットには常にどことなく暖かさが感じられることです。だから観客は、彼のことを自分が良く知っているような感覚を受けるんです。でも本作でのキャラクターは、他人をまったく寄せ付けないところのある、とても頑固で冷たい男で、そういう役を彼が演じるのを、わたしはこれまで見たことがありません。とにかく本作ではかなりいつもとは違う感じのマットになっていますよ」と、本作でマットの新たな魅力を味わうことができると語っている。

 映画『最後の決闘裁判』は、10月15日より全国公開。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。