『真犯人フラグ』生駒里奈演じる謎の女の職業が明らかに 「超怖いんやけど」「怪しい」の声(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

俳優の西島秀俊が主演するドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第2話が17日に放送され、生駒里奈演じる謎の女の職業が明らかになった。

【写真】生駒里奈演じる謎の女 お供え物のリンゴを執拗に磨く姿

  本作は、秋元康が企画・原案を務め、『あなたの番です』(同系)スタッフが“一億総推理作家時代”に贈る、10月期~2022年1月期と2クール連続放送のノンストップ考察ミステリー。

 第1話で、凌介の家族3人が失踪した当日、凌介が帰宅する途中、降り立った駅のホームで、凌介に「先生!」と声をかけて、腕をつかみ、顔を近づけながら「酔っぱらって駅に放置なんてひどいです。らっきょどうしました?」と話しかけてきたのが、生駒演じる謎の女・本木陽香。

 凌介が戸惑いながら「あの、どちら様ですか?」と尋ねると、陽香は「あ、ごめんなさい人違いでした」と慌てて立ち去った。

 第2話では、陽香は葬儀社に勤める会社員で、失踪事件の噂話をする同僚を意味ありげにじっと見つめている様子が描かれた。瞬きせずに、お供え物のリンゴを執拗に磨く姿は異様で、SNSでは「生駒ちゃん真顔でりんご磨いてるん超怖いんやけど」「なんだかんだで生駒ちゃんが1番怪しいんよね」という声が寄せられた。

■第2話あらすじ

 『お探しのものです』と書かれた荷物が届いたことで、一気に警察が動きだし、犯人扱いされる凌介(西島)。荷物のことは発表されなかったものの、マスコミの取材攻勢は、激しくなる一方だった。情報番組では、日野(迫田孝也)のインタビューが流れる。凌介の家族仲が良かったなど好意的な話をするが、一部の発言だけが切り取られ、「家庭崩壊」、「DV夫」、「旦那サイコパス説」といった悪意ある憶測がネットで広まる。

 出社早々、「やってないんだよね!?」と部長の太田黒(正名僕蔵)から迫られた凌介は、きっぱりと否定する。しかしカスタマーサービス部には、9時の始業と同時に「DV夫に荷物を運ばせるな」「殺人犯を匿うつもりか!」などとデマを真に受けた苦情電話が殺到。集荷キャンセルの電話も次々とかかってくる。原因は、YouTuberぷろびん(柄本時生)が投稿した動画だった。

 真帆(宮沢りえ)たちの失踪は、3人を殺した凌介の自作自演だとあおり、職場がさらされている。すでに再生数は10万回超え。苦情電話の対応に追われ、カスタマーサービス部は大混乱。凌介は太田黒から、厳しく責任を追及される。瑞穂は、会社のためにも真帆たちを探す手伝いをすると凌介に言う。そんな2人を何者かが見つめていた…。

 凌介は団地の住民たちからも白い目で見られ、ポストは嫌がらせのビラで満杯に。皆が遠巻きに凌介を見つめる中、真帆のママ友で整体師の朋子(桜井ユキ)が声をかける。朋子は団地に引っ越してきたばかりで心細かった頃、明るく話しかけてくれた真帆に感謝していた。朋子は凌介に、力になれることがあったら言ってほしいと告げる。そんな中、真帆たちの最後の足取りが判明する。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。