『神木隆之介の撮休』、新たな共演キャストに仲野太賀、井之脇海、松重豊ら(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

俳優の神木隆之介が本人役で主演を務め、2022年1月7日より放送・配信される『WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休』の第5~8話キャストとして、木竜麻生、松重豊、大塚明夫、田中要次、萩原みのり、井之脇海、北村有起哉、仲野太賀、坂井真紀の出演が発表された。

【写真】「仲野太賀」フォトギャラリー

 本作は、突然、撮影が休みになった俳優の1日を描く異色ドラマ「撮休」シリーズの第3弾。本シリーズは、知られざる“オフの姿”をクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、主演となる俳優が自分自身を演じるパラレルストーリーが展開されるオムニバスドラマだ。第1弾の有村架純、第2弾の竹内涼真に続き、実力派俳優の神木が登場、各話の監督・脚本家によって創られた “架空の神木隆之介”を演じる。

 第5話「優しい人」には、神木の恋人役で木竜麻生が出演。架空の物語ながら、恋人への気遣いによって生まれてしまう“すれ違い”をリアルに描いた物語となっており、木竜は優しい人=神木へ静かに葛藤を抱く恋人を好演する。

 第6話「ファン」には、松重豊、大塚明夫、田中要次が出演。“ファンとのコミュニケーション”を題材に、神木のファンを名乗る男性役を松重、神木がファンである声優役に大塚、ファンの思いの行き違いによって生まれた “ちょっと気まずい時間”に巻き込まれていくカフェの店員役を田中が演じる。

 第7話「友人の彼女」には、萩原みのり、井之脇海、北村有起哉らが出演。井之脇は神木の親友役を演じ、親友の恋人役を萩原、神木のスキャンダルを狙う週刊誌の記者役を北村が演じる。親友と、まさかの理由で不機嫌な恋人の間で頭を悩ませることとなる神木の元に、週刊誌の記者が現れ…。

 最終回の第8話「遠くにいる友人」には、かつて共に子役時代を過ごした役者仲間・友人役で仲野太賀、その母親役で坂井真紀が出演。友人の母親との再会を機に、忙しく過ぎ去った神木の過去を尊ぶと共に、業界を離れてしまった友人への寂寥(せきりょう)感をはらんだ物語となっている。

 『WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休』は、WOWOWにて2022年1月7日より毎週金曜23時放送・配信。全8話。

コメントは受け付けていません。