『科捜研の女』第1話でいきなり波乱の展開 キーパーソン役で沢城みゆきが登場(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

女優の沢口靖子が主演するテレビ朝日ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)のシーズン21が14日にスタートする。初回は、マリコが科捜研に別れを告げ、東京に異動? これまでにない衝撃の新展開で幕を開ける。

【写真】土門VS元夫 マリコをめぐって直接対決

 『科捜研の女』は、京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした、ひとくせもふたくせもある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く。1999年のスタート時から根強い人気を誇り、現行のテレビドラマでは最も長く続いている長寿シリーズとなっている。

 “マリコ異動”の衝撃をもたらすのは、『科捜研の女 -劇場版-』(公開中)で約20年ぶりに姿を現わした元夫の倉橋拓也(渡辺いっけい)。第1話に登場すると、自身のいる警察庁への出向をマリコに持ちかける。人生最大の転機ともいえる、別れた夫からの提案にマリコはどう向き合うのか? この波紋はもちろん土門薫刑事(内藤剛志)にも伝わり、マリコが京都からいなくなるかもしれないという予想もしなかった事態に直面した土門は、なんと倉橋と直接対決? 「榊を本気で警察庁に連れて行くつもりですか?」。土門の問いかけに対し、倉橋が返す言葉とは。

 倉橋からの誘いに心揺れながらも、マリコは倉橋の同僚が京都出張中に謎の転落死を遂げた事件の謎に挑んでいく。糸口を求めて奔走するマリコたちの前に現れるのは、被害者の別れた妻で大学の准教授でもある水城和穂。和穂を演じるのは、大人気声優の沢城みゆき。彼女はマリコたちに何かを隠しているようで…。箝口令が敷かれ、封印されかけていた警察庁キャリア官僚の死…。その深層に潜んでいた、意外すぎる真実とは。そしてマリコの選択、土門の思いの行方は。

コメントは受け付けていません。