『第6回 好きなママタレント』北川景子が2連覇 昨年圏外だった“常連ママタレ”も再浮上(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

ネットをにぎわすニュースの中には、芸能界の話題と並んで子育ての様子や手料理、家族との思い出をSNSに投稿する「ママタレント」の記事が多い。女優やタレント活動もこなす“働くママ”は幅広い層から共感を得ている。今年もORICON NEWSでは『第6回 好きなママタレントランキング』を発表。1位は昨年に引き続き、女優の【北川景子】が輝いた。

【ランキング】昨年圏外のママタレが4名もランクイン!大変動のTOP10

■聖母のような美しさと飾らない育児エピソードのコントラスト

 2016年に歌手、タレントのDAIGOと結婚し、2020年9月に第一子となる女児を出産し、ママ2年目となる【北川景子】が2連覇を飾った。今年2月放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では、初めての子育てに「仕事して帰ってきてからが本当の1日が始まる。ここから私の本業が始まる」と奮闘する母としての気持ちを吐露。

 そんな北川に「バラエティー番組でお子様のことを話されたり、ご家族の話をされたりするのを見ると、普通の人なんだよね、と感じさせる爽やかさが素敵だと思う」(宮崎県/50代・女性)など、番組で披露する育児エピソードに親近感がわくというコメントが多く寄せられた。

 それでも本人は、「(育児と仕事の)両立を上手くしたいという、完璧主義なところで今、苦しんでいる」と、本音を語る場面も。今年も映画『ファーストラヴ』、『キネマの神様』に出演し、4月期のドラマ『リコカツ』(TBS系)でも主演を務めるするなど、女優復帰後も多彩な活躍を見せている。

 また、育児の悩みなども決して多くは語らないが、本人から直接語られることもあり、子どもがいることを前面に出してはいないものの、醸し出す雰囲気等が柔らかくなったとの見え方もあった。「テレビで子どもがかわいくて『仕事している場合じゃないですよ~』と言っているのを見て、普通のママとして頑張りながらドラマの主演など務めていて、さらには美しさも保ったままですごいなと思ったので」(東京都/30代・女性)と、視聴者には女優と母の側面をバランスよく見せている。

 2022年も映画『大河への道』の公開が控えており、引き続き仕事と家庭にまい進する姿が見られそうだ。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

    【癒されねむりふんどし】
女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。