『藤子・F・不二雄ミュージアム』初期の未発表原画の一部初公開へ(オリコン)

出典元:オリコン

『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』は9月に開館10周年を迎える。その10周年を記念して企画展を7月1日より開催し、プレス向け内覧会が6月30日に行われた。

【写真】未公開原画や年代別の展示も!

 原画展では、藤子・F・不二雄さんが描いた作品の軌跡をたどるもので、『ドラえもん』の原画はもちろん、藤子さんが生涯を通じて描き続けた児童漫画の数々、貴重な初期作品やSF短編など、バラエティーに富んだ作品を1年通じて展示する。

 3ヶ月に一度の展示替えにより、1年間(4期)で合計約680枚の原画を展示し、展示ケース内では貴重な初期の未発表原画の一部を初公開していく。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。