『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の新たなあらすじが公開 バットマンとなって2年目のストーリーを描き、ジェームズ・ゴードンは警部補に(IGN JAPAN)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:IGN JAPAN

新たに公開された『THE BATMAN-ザ・バットマン-』のあらすじでは、バットマンとしての2年間について多く語られており、ジェームズ・ゴードンなどのキャラクターについての詳細もわかるようになっている。
これまでにマット・リーヴスは、ロバート・パティンソンがブルース・ウェインを演じる『THE BATMAN-ザ・バットマン-』はバットマンとなって2年目のストーリーになることを明らかにしていた。ということは、パティンソン演じるバットマンは新人でもなく、ベテランでもないということになる。
これは、『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ではジェフリー・ライトが演じるジェームズ・ゴードンが警察本部長ではなく、警部補となっていることからもわかる。クリストファー・ノーランの「バットマン」三部作で、最初は巡査部長だったゴードン(ゲイリー・オールドマン)が本部長まで昇進していったという設定と似ている。

「THE BATMAN-ザ・バットマン-」画像・動画ギャラリー

新たに公開されたあらすじは以下のとおり:
「バットマン(ロバート・パティンソン)として通りを見回り、犯罪者たちをおびえさせて2年、ブルース・ウェインはゴッサム・シティの深い闇の中へと導かれていた。信頼できる仲間はわずかに2人、アルフレッド・ペニーワース(アンディ・サーキス)とジェームズ・ゴードン警部補(ジェフリー・ライト)だけ。街の役人や著名人たちのネットワークは腐敗している。孤独のヴィジランテは市民たちの間で唯一の復讐の体現者として、その存在を確立していた」
より詳しいあらすじでは、バットマンが直面しなければならない犯罪の闇世界に関する新しい詳細や、新たなシリアルキラーの犠牲者となる有名人たちについても記されている。
「殺人者がゴッサムのエリートたちを一連のサディスティックな陰謀のターゲットにするとき、闇世界の捜査において世界でもっとも偉大な刑事のもとに解読のカギとなる手がかりが送られてくる。その闇の世界で、バットマンはセリーナ・カイル/キャットウーマン(ゾーイ・クラヴィッツ)、オズワルド・コブルポット/ペンギン(コリン・ファレル)、カーマイン・ファルコン(ジョン・タトゥーロ)、エドワード・ナッシュトン/リドラー(ポール・ダノ)といった人物たちに遭遇する。証拠から犯罪の核心に近づき、犯人の計画がはっきりとしてくるにつれて、バットマンは新しい関係性を築き、元凶となる人物の仮面をはがさなければならなくなる。そして、権力の乱用や長きにわたってゴッサム・シティにはびこっている腐敗に裁きを下すのだ」

バットマンのストーリーに必ず登場するのは、腐敗した街の役人たち、数多くの犯罪組織、ヴィランたちの権力闘争、そして、バットマンだが、リドラーは『バットマン フォーエヴァー』でジム・キャリーが演じて以来の登場となる。
ワーナー・ブラザースは、バットマンを中心としたあらすじも先日公開している。そこではバットマンは「“シリアルキラー”とほとんど変わらない」と書かれていた。しかし、ほかのシリアルキラーを追っていくうちに、おそらくバットマンはゴッサムの人々にとっての聖人のようになっていくのではないだろうか。
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は北米では2022年3月4日に公開予定。日本公開は2022年春を予定している。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。