『Unrailed!』のSwitch版が9月23日に配信決定!走り続ける列車のために線路を敷いていく協力パーティーゲーム(IGN JAPAN)

出典元:IGN JAPAN

Nintendo Direct miniにて、Nintendo Switch版『Unrailed!』が発表された。本作は2020年9月23日にニンテンドーeショップで配信。定価は2350円(税込)だが、9月30日までは10%オフの2115円(税込)で購入できる。
PC版はSteamで早期アクセスにて配信中で、こちらも9月23日に正式リリースとなる。海外ではPS4/Xbox One版も配信予定だが、日本で配信されるかどうかは不明だ。

「Unrailed」画像・動画ギャラリー

『Unrailed!』は勝手に進み続ける列車が脱線しないように、線路を建設していくアクションゲーム。線路を建設するためには材料が必要だ。どんどん線路を建設しなければならないが、材料を集めるためには木を切って土を掘る必要があるという忙しいゲームになっている。ローカル/オンラインで4人までの協力・対戦プレイに対応しているので、パーティーゲームのように楽しめる作品だ。
マップについては自動生成の方式となっているため、すべてが計画通りにいくとは限らない。しかも、夜になると盗賊が登場するなんてこともある。マップの移動に臨機応変に対応しながら、材料を集める係、線路を敷く係など皆で役割分担をして、列車を脱線させないようにしよう。ステージの合間には列車をアップグレードして、原子力エンジンやスーパーチャージャーを取り付けるなんてこともできる。

ゲームモードとしてはどこまでも遠くに進めるエンドレス、すぐに遊べるクイック、対戦(2vs2)がある。1人でプレイするときはCPUとの2人協力プレイとなる。
詳しいゲーム内容についてはIGN JAPANの連載「PCゲーム極☆道」で取り扱ったときの記事をチェックしてほしい。ただし早期アクセス時に書かれた記事なので、その点は留意してほしい。記事の補足をしておくと、実際『Unrailed!』はその後「にじさんじ」やホロライブなどのVTuberにも取り上げられている。「このゲーム見たことある!」という人も多いかもしれない。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。