【かけがえのない1本】WOWOW『斎藤工×板谷由夏 映画工房』スペシャル(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

お気に入りの映画の話から、気になるあの人の心の中を少しだけのぞき見る【かけがえのない1本】シリーズ。今回は、放送開始10周年を迎えたWOWOWの映画情報番組『斎藤工×板谷由夏 映画工房』スペシャル。MCの斎藤工さんと板谷由夏さんに“かけがえのない1本”を聞きました(※映画のネタバレ要素を含みます)。

【動画】かけがえのない1本について語る斎藤工&板谷由夏

###

【板谷】“かけがえのない1本”というと、好きな映画を選びがちなんですけど、私の役者人生においてという意味あいで“かけがえのない1本”として選んだのが、大谷健太郎監督の『avec mon mari(アベック モン マリ)』です。

【斎藤】これは特別ですね。

【板谷】はい。私にとってデビュー作であり、映画の世界に入ったきっかけの作品でもあります。

■板谷由夏のかけがえのない1本は『avec mon mari』(1999年公開)

 大谷健太郎の監督デビュー作&板谷由夏の俳優デビュー作。夫が浮気した、しないのささいな痴話喧嘩が離婚の危機に発展。さらにはもう一組のカップルも巻き込んで複雑な四角関係になってしまう、恋愛をめぐる男と女のドラマをリアルに描いた作品。共演に大杉漣ほか。

###

【斎藤】見直したりするんですか?

【板谷】ここ10年はしていないかなぁ。

【斎藤】デビュー作って、見れないよね? 重いわけじゃないけど、すごく怖い。『avec mon mari』のおすすめポイントを聞いてもいいですか?

【板谷】オススメポイントは、棒読みの私のセリフ。

【斎藤】確かに。そこから現在地の板谷由夏という壮大なドラマもありますね。

【板谷】大杉漣さんと出会った作品でもあって、本当に大事な大事な作品なんです。この世界に入って初めて会ったプロの役者さんが大杉さんだったので、親鳥みたいな人だったんです。そういったことも含めて、かけがえのない、大事にしたい作品です。

【斎藤】すごく素敵なエピソード。

【板谷】好きな“かけがえのない1本”を選ぶのは大変。

【斎藤】一番困るよね。でもそういう企画なので…。私の選ぶ作品は何かというと、先に言い訳をしますよ。この作品に出会っていたかったなという意味で、誰かのきっかけになったらいいなと思う作品が『イントゥ・ザ・ワイルド』ショーン・ペンの監督作品です。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。