【国内映画ランキング】「映画 すみっコぐらし」が2週連続で首位を獲得! 3位に「土竜の唄 FINAL」が初登場(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

11月20日~21日の国内映画ランキング(全国週末動員ランキング・興行通信社提供)が発表された。今週の動員ランキングは、先週公開から2週目にしてシリーズ初となる首位に輝いた「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」(アスミック・エース)が、土日2日間で動員10万人、興収1億2300万円をあげ2週連続の首位に立った。累計では動員52万人、興収6億4000万円を突破している。このヒットを受け、上映館は12月3日以降新たに72館、12月末までに16館が追加されることが決定した。また、この上映拡大に合わせ12月3日(金)からは、第4弾となる入場者プレゼント「クリスマスカード」の配布も決定。今後の展開から目が離せなくなりそうだ。

【作品情報】「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」

 2位には公開から4週目を迎えた「そして、バトンは渡された」(ワーナー)が、先週の3位から再浮上し、腰の強さを見せている。累計では動員82万人、興収10億円を突破した。

 3位には新作「土竜の唄 FINAL」(東宝)が初登場。シリーズ累計発行部数950万部突破を誇る、高橋のぼるによる大ヒットコミックスを監督・三池崇史×脚本・宮藤官九郎コンビで実写映画化した、シリーズ第3弾にして完結編となるジェットコースターエンターテインメント。1、2作目に続き主演を務める生田斗真のほか、鈴木亮平、岡村隆史、菜々緒、滝沢カレンら豪華キャストが顔を揃える。

 公開から3週目を迎えた「エターナルズ」(ディズニー)は、2ランクダウンの4位にランクイン。累計では動員63万人を突破、興収は間もなく10億円を超える。同じく公開から3週目となる「劇場版 きのう何食べた?」(東宝)は、累計で動員69万人を突破。こちらも興収は間もなく10億円に達する。

 ほか続映作品では、8位の「映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!」(東映)が、累計で動員43万人、興収5億円を突破。公開から8週目を迎えた9位の「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」(東宝東和)が、累計で動員178万人、公開から6週目となる10位の「燃えよ剣」(東宝/アスミック・エース)が動員80万人を突破している。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

            タニマドンナ

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。