【青天を衝け】篤太夫“幕臣”に失望 史実では「書物を読んでダラダラ過ごしていた」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』の第20回「篤太夫、青天の霹靂」が27日、放送された。

【場面写真】篤太夫に向けて刃を向ける土方歳三

 今回は、ついに家茂(磯村勇斗)が亡くなってしまう。慶喜(草なぎ剛)の次期将軍就任が避けられぬと目される中、篤太夫(吉沢)は「今将軍になっても、国中の非難を一身に背負うだけ」と慶喜に進言。一方、薩摩の大久保一蔵(石丸幹二)は公家の岩倉具視(山内圭哉)と共謀し、王政復古を画策していた。慶喜が徳川宗家を継いだことで幕臣となってしまった篤太夫は失意の日々を送っていたが、ある日、謀反人の捕縛を命じられる。警護のために同行するのは、新選組副長・土方歳三(町田啓太)だった。

 この日の放送でも、幕臣となって仕事に身が入らないような姿が描かれたが、公式SNSでは「篤太夫たちは、幕臣となるも地位は低く、慶喜へのお目見えなど皆無でした。失望感が大きかった篤太夫は、新しい仕事も手に付かず、朝も早くからは出勤はせずに書物を読んでダラダラ過ごしていたそうです」と解説した。

 また「慶喜が徳川宗家を相続し、篤太夫は、実に失望の極であり、割腹を考えるまで思い詰めていたと語っています。また一橋家での仕事が、全て水の泡となり遺憾であるとも…しかし仕事の丁寧さは最後まで変わらず、勘定所の仕事も後任に一つ一つ引き継ぎ、一橋家を去りました」と一橋家での仕事はまっとうしたという。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。