うるとらブギーズ「3回くらい卒業してる」∞ホールでの苦難、特集で語る(お笑いナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:お笑いナタリー

本日8月4日に配信された吉本興業のWebマガジン「月刊芸人」TOKYO版8月号でうるとらブギーズの特集が組まれた。

【画像】祇園が表紙の「月刊芸人」KANSAI版8月号。(他9件)

今年7月、東京・ヨシモト∞ホールのトップを決めるバトル「ムゲンダイチャンピオンシップ」で優勝したうるとらブギーズ。現在ムゲンダイレギュラー20組の中で最年長、芸歴17年目の彼らが同劇場の頂点に立つのはこれが初めてだった。旧ランキングシステムではなかなか勝ち上がれず、苦しんだ過去も。芸歴制限で劇場を卒業してはルール変更などに伴い戻ってくる、というのを佐々木いわく「3回くらい」繰り返しながらネタを磨いてきた。今回の1位という結果をどんな思いで受け止めているのか、「月刊芸人」が詳しく聞いている。

なおKANSAI版では祇園の特集が公開中。2人は昨年の「M-1グランプリ2020」で初めて準決勝に進出したものの、新型コロナウイルスに感染したため敗者復活戦に出場できなかった悔しさや、当日のこと、2021年下半期以降の目標を語っている。このほか「マンゲキ芸人座談会」にはBerry Better!!からヘンダーソン中村、ジュリエッタ井尻、マルセイユ津田、翠星チークダンス木佐が登場。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。