ただの“鬼つながり”じゃない!椿鬼奴の「鬼滅の刃」愛は本物だった「作品に恥ずかしくないように生きたい」(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:椿鬼奴

人気アニメ「鬼滅の刃」に登場する耳飾りをしていたことがきっかけに、思わぬ反響を得ているお笑い芸人・椿鬼奴。4月から半年間放送されたアニメの大ヒットを受けて「アニメ人気に乗っかった」「鬼つながりだから」と思う人がいてもおかしくはないが、現実はまるで違う。「作品に恥ずかしくないように生きたい」というほど、作品愛が溢れまくっている。バラエティ番組の過酷ロケにも、主人公・竈門炭治郎のひたむきで前向きな姿勢に勇気をもらっている。原作も第1話の連載スタートから読み続けている筋金入りのファンに、2019年を代表するアニメの魅力について聞いた。

-「鬼滅の刃」に触れたのはいつからですか。

 椿鬼奴 ジャンプ本誌からですね。その前から雑誌は買っていたので、1話目を読んだんです。展開が早かったし、結構衝撃的なコマが出てくるまでも早かったですね。連載当初から、周りの人に薦めていました。ジャンプショップに行った機会に、炭治郎の耳飾りと、禰豆子のエコバッグを買いました。

-その耳飾りを番組でつけていたことが話題になりました。

 椿鬼奴 最初につけて出たのは、博多華丸さんの番組「もらい酒みなと旅」なんですけどね、その時は誰にも何も言われませんでした(笑)。その後に「タモリ倶楽部」に出たら、ネットで「鬼奴が炭治郎の耳飾りつけてる」って話になって。普段、あんまりネットとか見ないんですけどね。私は何度もつけてたのに、時間の経過とともに鬼滅のファンが増えているんだなあと分かったのが、タモリ倶楽部の時でした。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。