ほぼ全役ジャルジャルだけ! 2人で11役演じた“コントシネマ”「サンチョー」公開決定(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

お笑いコンビ「ジャルジャル」が主演を務める「サンチョー」が、11月19日から全国15都市で公開されることがわかった。後藤淳平と福徳秀介で11人の強烈キャラクターを演じ、登場人物もほぼ2人のみで構成された異色作となっている。

【動画】気になるキャラクターずらり 「サンチョー」予告映像

 本作は、舞台「JARUJARU TOWER 2021 ジャルってんじゃねえよ」(2021年夏公演)と同時進行で制作されたクロスメディア企画。台本がなく、設定とストーリーをもとにジャルジャルが登場人物になりきり、その場でリアルに会話を紡いでいく形で撮影された。

 監督は、ジャルジャルの単独ライブツアーで演出を手掛けてきた放送作家の倉本美津留が担当。エンタメ性と長編映画の物語性をかけあわせた本作の新たな映像ジャンルを“コントシネマ”と名付け、舞台版を鑑賞したファンも表現の違いを楽しめる。

 公開決定にあわせて、本予告やポスターが披露された。山岳部の生徒、入学してから一人も友達ができずにいた生徒、駆け出しの漫才師など、後藤と福徳が扮する個性派キャラたちの姿が次々と映し出される。

 「サンチョー」は11月19日から東京・シネ・リーブル池袋、新宿バルト9ほか全国順次公開。ジャルジャル、倉本のコメントは以下の通り。

■後藤淳平
そうそう! これこれ! こういうのがやりたかったから芸人なってん! 的なやつです。ジャルジャルのコントが映像化され、しかも全国の映画館で上映。「もうこんなんコント師のゴールやん。」なんて思ってしまうぐらい幸せなことですが、皆さまに観に来てもらわないと意味がありません! 新しいジャンルのエンターテイメント【コントシネマ】を是非映画館で体験してもらいたいです!
心からりんぐりりんぐりー!!!!

■福徳
コントが映画化!?映画でコント!?いやいや、【コントシネマ】です!自分でもなにかよくわからない!爆笑するわけではない!うっすら笑って、心が爆笑するような!そんな【コントシネマ】を是非ご覧ください!

■倉本美津留監督
劇場にお笑いライブを見に行くのはちょっとハードルが高いなぁ…と思っていたみなさん!お待たせいたしました。満を辞して、コントシネマの登場です!お笑いを愛する方はもちろん、お笑いファンではない方にも、週末に映画を観る気軽さでふらっとシアターにお越しいただきたいです!

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。