まんじゅう大帝国、GRIM SPANKY、八木監督が「実りゆく」完成披露上映会で舞台挨拶(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

[映画.com ニュース] 10月2日から長野県先行公開、10月9日より新宿武蔵野館ほかで全国公開される「実りゆく」の完成披露上映会が9月16日夜に都内で開催され、八木順一朗監督が登壇し、出演のまんじゅう大帝国・竹内一樹と田中永真、主題歌を提供したGRIM SPANKYの松尾レミと亀本寛貴がリモート出演し、作品の見どころや撮影時のエピソードなどを語った。

GLIM SPANKY新曲が映画「実りゆく」主題歌に決定、予告編もお披露目

 同作は長野県のりんご農家を舞台に、お笑い芸人を目指す息子と父親との物語を描いたもの。堤幸彦監督や大根仁監督を擁するオフィスクレッシェンドが主催する「MI-CAN 未完成映画予告編映画大賞」(https://mi-can.com/)の第3回大会(2018年)に出品した予告編「実りゆく長野」から生まれた。惜しくもグランプリは逃したものの、“堤幸彦賞”と“MI-CAN男優賞”を受賞したことで本編を望む声が高まり、主演×監督の再タッグで本編撮影を長野県で行い、タイトルを「実りゆく」に改めて完成した。

 芸能事務所タイタンのマネージャー八木が企画・監督し、まんじゅう大帝国の竹内が主演。共演には田中要次に加え、日本エレキテル連合の橋本小雪、さらに三浦貴大、小野真弓、鉢嶺杏奈、山本學らが集結し、島田秀平や爆笑問題が本人役として特別出演している。そして、長野県下伊那郡出身のGLIM SPANKYが主題歌「By Myself Again」を書き下ろした。

 初めてメガホンをとった八木監督は、「『MI-CAN 未完成映画予告編映画大賞』ではグランプリを獲ることが出来なかったので、本来なら映画になることはなかった作品ですが、スタッフ、キャスト、GLIM SPANKYさん、たくさんの人の手に支えられて、やっと完成しました。こうして一般のお客さんに観ていただけることは想像していなかったので、今日やっと映画が誕生したという幸せな気持ちです」と思いを語った。

 初主演を務めた竹内は、「いよいよ完成披露上映会ということで楽しみにしておりました。本当でしたら一人一人にハグしてお礼を申し上げたいところですが、こんなご時世ですのでリモートで失礼します」と冗談めかして挨拶。相方の田中は、「初めての長編の演技のお仕事で勝手がわからなかったり、上手くいかなかったりしましたが、八木マネージャーだからできたのかなと思っています」と感謝の意を示した。

 GLIM SPANKYの松尾は「わたしたちが育った町が舞台なので、地元の空気感、田舎から都会に出ていく気持ち、人との別れ、自分の目標、何かを手にするには何かを捨てなければいけないこと、そういうことをフォーキーな温かいサウンドに乗せて表現できるかにこだわりました」とし、「それが映画とマッチして最高のコラボレーションができたと思います」と自信をのぞかせた。亀本は「ナチュラルな気持ちで、エンディングでどんな音楽が鳴っていたらいいのかな…と考えていたら自然にボロボロ出てきました」と制作時を振り返った。

 最後に八木監督は、「今、コロナの時代になって人と人との距離が離れていることがいいとされていますが、映画の中では自分の大切な人に大切なことを伝えることがいかに美しくて素晴らしいことかを伝えていけたらと思っています。こんな時代だからこそ、この映画を観て、少しでも明るい気持ちになって、明日から頑張ろうと思っていただければ嬉しいです」と思いを込めた。

 なお、まんじゅう大帝国、日本エレキテル連合、ウエストランドが出演し、「映画『実りゆく』公開直前イベント 定植祭」が9月24日、新宿ハイジアV-1で開催される。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。