アニメ「啄木鳥探偵處」第4話、石川啄木(CV:浅沼晋太郎)は“天才で子供”? 視聴者「そんなところが可愛い」(AbemaTIMES)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:啄木鳥探偵處

アニメ「啄木鳥探偵處」第4話での金田一京助(CV:櫻井孝宏)のセリフが、視聴者の共感を呼んでいる。

 アニメ「啄木鳥探偵處」は、推理作家・伊井圭氏の同名ミステリー小説が原作。同書籍に収録されている「高塔奇譚」は第3回創元推理短編賞を受賞している。探偵稼業「啄木鳥探偵處」を開いた天才歌人・石川啄木(CV:浅沼晋太郎)が、助手・金田一京助(CV:櫻井孝宏)と共にさまざまな事件の謎を解いていく物語だ。

 5月4日より順次放送中の第4話「高塔奇譚」では、石川啄木(CV:浅沼晋太郎)が言葉巧みに野村胡堂(CV:津田健次郎)たちからお金を借り、「天才はみな巨額の借金を抱えていました」と開き直った。そんな啄木を金田一が「きみは天才で子供なんです」と表現する一幕があった。Twitter上では「確かに石川君は本能に忠実で子供っぽい」「結局啄木は愛されてるんだな」「金田一さんよく理解されていらっしゃる… 」「子供のように自由な石川くん」「でもそんなところが可愛いよ啄木…」といった声が相次いでいた。

第四首「高塔奇譚」

【あらすじ】
連日新聞を賑わす凌雲閣の幽霊目撃騒動。浅草を仕切る六郎は、啄木に真相究明を依頼する。現場へ向かった啄木は、旧友の元新聞記者・山岡と再会。啄木は幽霊騒動に山岡が関わっていると見抜くが、山岡は「ノドノツキ」と言い残して去ってしまう。一方、幻燈師の松吉が殺されるという事件が起きる。松吉は二か月前の婦女暴行事件の第一発見者であった。啄木は2つの事件の関連性を調べ始める。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。