アニメ『八男って、それはないでしょう!』小松未可子&三村ゆうなインタビュー 「お色気側室大作戦」「ビジネス」ちょっと異質なサブヒロインに興奮(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:アニメ『八男って、それはないでしょう!』に出演する小松未可子(左)、三村ゆうな(右)

4月から放送中のアニメ『八男って、それはないでしょう!』(以下、八男)。原作はシリーズ累計270万部突破の人気小説で、著者はY.A氏、イラストを藤ちょこ氏が担当している。

【画像】インパクト強すぎ! アニメ「八男」OPテーマはデーモン閣下&宝野アリカの“デュエットメタル”

 商社に勤めるサラリーマン・一宮信吾が目を覚ますと、ド田舎の貧乏貴族の八男・ヴェンデリン(CV:榎木淳弥)に転生していた。領地を継げる見込みもないヴェンデリンだったが、魔法の才能に恵まれており、冒険者予備校に特待生として入学することに。策謀渦巻く貴族社会に揉まれながらも成長するヴェンデリンと、彼を支えるパーティメンバーたちの関係性にも注目だ。

 ABEMA TIMESでは、イーナ役の小松未可子と、ルイーゼ役の三村ゆうなへのインタビューを敢行。両キャラクターともに主人公・ヴェンデリンのパーティメンバーになる女の子だが、実家における立場は不安定で、どうにかして成り上がるための手段を模索している状態だ。演じている中でどのように感じていたのか、その思いを聞いた。

【広告】


コメントは受け付けていません。