“イップ・マン”完結! ドニー・イェン主演最新作「イップ・マン 完結」5月8日公開(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:日本版ティザービジュアル

[映画.com ニュース]ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結となる「イップ・マン4 完結篇”(原題)」が、「イップ・マン 完結」の邦題で5月8日の公開が決定、日本版ティザービジュアルがお披露目された。

 1964年、最愛の妻との死別後、愛弟子ブルース・リーの招待を受け息子とともにサンフランシスコに渡ったイップ・マン。しかし、ブルースが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれる。

 本国版ティザー予告では、これまでのシリーズである戦時下の日本軍との闘いを描いた「イップ・マン 序章」、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた「イップ・マン 葉問」、詠春拳同士の戦いを描いた「イップ・マン 継承」での孤高な闘いを振り返りつつ、最愛の妻と死別したイップ・マンが、ブルース・リーの招待を受け息子と渡米したサンフランシスコのチャイナタウンで繰り広げられる米海軍との闘いに立ち向かう姿が、さらに本国予告編では、イップ・マンが、「ドクター・ストレンジ」のスコッド・アドキンス、「SPL 狼たちの処刑台」のウー・ユエ、クリス・コリンズらとの新たなる闘いに臨む場面も描かれており、日本公開への期待が高まる。

 監督は、“イップ・マン”シリーズのウィルソン・イップ。アクション監督は香港アクション界の巨匠で、「イップ・マン外伝 マスターZ」(18)では監督も務めたユエン・ウーピン。さらに音楽には川井憲次と、おなじみのスタッフが顔をそろえた。

【広告】


コメントは受け付けていません。